CoinPostで今最も読まれています

「DeFiは金融システムに透明性をもたらし得る」米連邦準備銀行で論文公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

全く新しい金融商品を生み出しているDeFi

米セントルイス連邦準備銀行のサイトに、DeFi(分散型金融)についての詳細な論文が発表された。著者はバーゼル大学の分散型台帳技術・フィンテック分野のFabian Schär教授。スマートコントラクトの仕組みから、分散型取引所(DEX)、ステーブルコイン、レンディングプラットフォームなど、DeFiの有する様々な側面を詳細に解説している。

またDeFiのもたらす恩恵と、解決すべきリスクについても論じた。米国政府機関の公式サイトでもDeFiの議論が掲載されるようになったことは、急成長しているDeFiの将来にとっても意義が深そうだ。

結論部分で教授は、次のようにDeFiの可能性を評価する。

DeFiはエキサイティングな機会を提供し、真にオープンで透明性のある改変できない金融インフラを構築する可能性を秘めている。DeFiは多くの相互運用性の高いプロトコルとアプリケーションで構成されているため、すべての個人がすべての取引を検証することが可能で、データもユーザーや研究者が容易に分析できるようになっている。

DeFiは「パブリック・ブロックチェーンなしでは実現できなかった全く新しい金融商品を生み出して」おり、その課題が解決されれば、金融業界のパラダイムシフトや、より強固でオープンで透明性の高い金融インフラに貢献する可能性があると教授は続けた。

分散型取引所の利点

論文では、分散型取引所(DEX)についても解説。「人気の分散型取引プロトコル」として、Kyber NetworkやUniSwapなどもリストに挙げた。

出典:FEDERAL RESERVE BANK

ほとんどの仮想通貨取引は中央集権型取引所で行われているが、一つ深刻な問題があると指摘。

それは、ユーザーが取引所に資産を預ける必要があることだという。それによってユーザーは自分の資産へ直接アクセスすることが不可能となり、管理面で取引所のオペレーターを信頼しなければならない。

不適切な取引所が、資産を没収したり、紛失したりするリスクがある。さらに、中央集権型の取引所は、ハッキング攻撃の単一ポイントにもなり得る。そこで、これまでにも中央集権型取引所が顧客資産を失う事例があった。

Schär教授によると、分散型取引所はこれらの問題を緩和しようとしているという。

ユーザーは、中央集権型の取引所に資金を預ける必要はなく、取引が実行されるまで、ユーザーは資産を独占的に管理することができる。また取引の執行はスマートコントラクトを介して最小単位で行われ、取引の双方が不可分である一つの取引で実行されるため、取引相手の信用リスクが軽減される。

教授は他にも、DeFiのもたらす恩恵として「金融インフラの効率性、透明性、アクセス性を高める可能性」を挙げた。さらに、誰もが複数のアプリケーションやプロトコルを組み合わせることが可能となり、新しいサービスを生み出すことができるようになると続ける。

DeFiが解決すべき課題は?

一方で、DeFiが解決すべき問題点についても論じた。

まず「スマートコントラクトの実行リスク」がある。コーディングにエラーがある場合、不正な攻撃者がスマートコントラクトの資金を流出させたり、プロトコルを使用不能にするような脆弱性が生まれかねない。

また、そのプロトコルの安全性を確認する上で、一般的なユーザーは契約に関するコードを読むことができず、セキュリティ評価を行えない。監査や保険サービスなどはこの問題をある程度解決するものの、完璧にリスクを排除するわけではない。

さらに「運用管理上のセキュリティ」も課題だとした。

契約をアップグレードするなどシステム管理の際には、管理者用の秘密鍵を用いるDeFiプロトコルも多い。鍵が第三者に入手されたり、コアチームのメンバー自身が悪意を持っていた場合に多額の金銭的インセンティブを得られてしまう可能性もある。

代替案としてはガバナンス・トークンによる投票スキームを利用できるが、トークンが少数の者に集中してしまうことによりガバナンスパワーが一部に偏ることもあり得る。

また「他のプロトコルや外部データへの依存」の問題もある。多くのプロトコルが外部のデータソースに依存しており、中央集権的なコントラクト実行につながる可能性がある。このリスクを軽減するために、多くのプロジェクトが、多種多様なデータ提供スキームを備えた分散型オラクルネットワークを利用しているという。

論文は、DeFiの規制問題についても言及。規制当局が、分散型インフラストラクチャを規制することができるか、あるいは規制することが正当かどうかは疑問だとした上で、法定通貨との交換時には、関連する金融サービスプロバイダーは規制されており、取引に関連する情報を要求することもできるだろうとした。

規制当局もDeFiに関心

論文で指摘されたように、新たに興隆したDeFiセクターは現在、規制当局の監督が及んでいないことが多く、KYC(顧客身元確認)をほとんど行わずにアクセスすることができる。このため規制当局も、DeFiとそれに関連する規制要件に注意を払い始めており、国際的な規制機関、金融活動作業部会(FATF)はすでに分散型取引所を仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)とみなしている。

仮想通貨業界サミットv20でも、DeFiの規制アプローチについて議論が行われた。

関連DeFi(分散型金融)には新たな規制アプローチが必要──V20サミットで議論

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧