マスターカード、中銀デジタル通貨対応のプリペイドカードを発表 バハマで実利用へ

CBDC対応のプリペイドカード

大手金融企業マスターカード社がバハマのデジタル通貨(CBDC)に対応したプリペイドカードを発表した。

発表によると、プリペイドカードを通じて、バハマのCBDC「サンドドル」でチャージし、それを通常のバハマドルに換金することや、世界中のマスターカード対応店舗で利用できるようにする。

サンドドルは2020年10月にローンチされた世界初の実用CBDCで、スマホウォレットでの利用および一部店舗での受付に限定されている状況にあるが、プリペイドカードの発行で、カリブ海の700余りの小島からなる国にいる国民が現金を取り扱わずに簡単にデジタル送金を可能にする。

海外にいる際も、アプリからサンドドルを転換して利用でき、法定通貨決済の利便性が増すという。

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

多様化のマスターカード

マスターカードは既存の金融インフラのほか、デジタル通貨や仮想通貨の領域にも進出している。

先週、年内に仮想通貨での直接決済に対応する計画を発表し、ステーブルコインに対応するなど仮想通貨と決済の未来に向けて準備を整えていることを公表した。

関連マスターカードも仮想通貨決済へ本格参入 年内にも対応開始へ

また、CBDCとの共存およびそれへの対応においては、マスターカードはCBDC分野で最も多くの特許を保有している企業だ。昨年末に、Michael Miebach社長はCBDCの計画において、多くの政府との間に強い信頼関係が築かれている旨の発言を行っている。

関連決済大手マスターカード、中銀デジタル通貨との共存共栄に自信

著者:菊谷ルイス
参考:マスターカード

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します