ビットコイン時価総額1兆ドル越え、リップル社裁判最新状況|週刊仮想通貨ニュース

今週のニュース

今週は、ビットコインが最高値を更新し、マイルストーンの一つとなる時価総額における1兆ドルを達成した。また、リップル社対SECの裁判に関する続報にも注目が集まった。

仮想通貨市場では、イーサリアムが20万円の大台に到達したほか、取引所トークンのBNBが急騰し、仮想通貨全体の時価総額でも3位に浮上した。

このほか、ビットコインの保有で知られる米マイクロストラテジー社が新たな資金調達を発表。XRP保有者へのエアドロップを予定するFlare社がトークンのローンチ時期に言及した。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ビットコインが最高値更新、時価総額1兆ドル超え 

ビットコインは20日、価格高騰が止まらず、初めて55,000ドル(約580万円)を突破。前日比+7.45%の上げ幅を記録している。(執筆時56,000ドル) (記事はこちら

2位:リップル社とSECがXRP裁判に関する共同文書提出「現時点での和解はなし」

リップル社と米証券取引委員会(SEC)は米時間15日、XRPの証券法違反を巡る提訴に関する共同文書を裁判所に提出した。 (記事はこちら

関連最新記事

リップル訴訟、米証券取引委員会(SEC)が修正訴状を提出

リップル訴訟、米証券取引委員会(SEC)が修正訴状を提出
米証券取引委員会は仮想通貨XRPの有価証券問題を巡り、リップル社と同社のGarlinghouse CEO、共同創設者のChris Larsen氏に対する提訴について、訴状内容の変更を行った。

3位:仮想通貨ネムのSymbol、最終ストレステスト実施へ

ネムグループでChief Investment Officerを務めるDave Hodgson氏は15日、ネムの新ブロックチェーンSymbolで、週末のストレステストが無事終了し、次のアップデートが本日中(日本時間では16日か)にリリースされることを発表した。(記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

イーサリアム大台の20万円到達、高騰するコインチェック銘柄「IOST」の背景

今月8日よりCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)先物で取り扱いを開始したイーサリアムに対し、機関投資家の関心が急激に高まっている。 (記事はこちら

ビットコイン一服もネムやバイナンスコイン高騰、BNBは約3週間で4倍に

時価総額上位では、最大手取引所のユーティリティトークンであるバイナンスコイン(BNB)の高騰が目立つ。 (記事はこちら

ビットコイン急落前にコインベース警戒シグナル、大台の5万ドルと時価総額1兆ドル目前で一服

データ分析サイトCryptoQuantのKi Young Ju(@ki_young_ju)CEOは、昨日(14日)15時時点で、米大手取引所コインベースのクジラ(大口投資家)が売りに転じ始めたことを指摘していた。 (記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

「ビットコインよりもイーサリアムに注目する理由」 著名投資家Mark Cuban氏

米著名投資家Mark Cuban氏が、The Defiantのポッドキャストで、ビットコイン(BTC)よりもイーサリアム(ETH)の方が優れているとしてその理由を説明した。 (記事はこちら

「1時間当たり4億円超え」ビットコインマイナーの収益が過去最高水準に

手数料の高騰などを受け、ビットコイン(BTC)のマイナーの収入が過去最高レベルで推移している模様だ。 (記事はこちら

億万長者ビル・ゲイツ氏、ビットコインに対する「現在のスタンス」を語る

億万長者のビル・ゲイツ氏のビットコインに対する考えに、多少の変化が生じている。 (記事はこちら

ビットコイン史上初の5万ドル、MicroStrategyが新たに630億円の資金調達計画を発表

米ナスダックの上場企業MicroStrategyは、日本時間16日21時19分、元本総額6億ドル(約600億円)の転換社債の私募提案を発表した。 (記事はこちら

Flare社、仮想通貨Sparkトークンの配布は21年2Q後半を想定

昨年12月、XRP(リップル)保有者へのエアドロップで大きな関心を集めたFlareトークンのローンチ時期についてFlare社が言及。 (記事はこちら

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します