仮想通貨カルダノ(ADA)時価総額3位に浮上、その3つの背景は

ADA最高値更新

暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)は27日、価格が史上最高値(1.29ドル)に到達し、仮想通貨バブルだった2018年1月の最高値(1.18ドル)を上回った。

出典:CoinGecko

また、今週の続伸を受け、現在その時価総額が3位にランクイン。1週間前では、3位がバイナンスコイン(BNB)で、4位がポルカドット(DOT)、5位がテザー(USDT)。ADAは当時6位だったが、今週の乱高下相場はトップ5の順位に再び影響を与えている。

出典:CoinGecko

好調の背景

ではなぜADAが今週において、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、BNBなどよりも高いパフォーマンスを見せているか、主に材料視されている要素は以下の3つとみられる。

  • 大型アップデート「Mary」のメインネット実施予定
  • ドバイファンドがADAを購入
  • グレースケールがADA投資信託を検討

2月25日に、大型アップデート「Mary」が米時間3月1日にてメインネットで実施されることが正式に決定された。実装されれば、カルダノチェーン上で独自のトークンの発行やマルチアセットの対応などの新機能が追加される。

また、ドバイの投資ファンドFD7 Venturesは25日に、800億円に相当するビットコインを売却する計画を発表した。今後30日間にわたって資金をADAとポルカドット(DOT)の購入に充てるという。FD7はこれまでビットコインを中心に1,000億円規模の資産を運用してきたが、同社マネージングディレクターは「カルダノやポルカドット、イーサリアムはWeb3.0の基礎であり、いずれビットコインの価値を上回る可能性がある」と指摘し、投資方針を変更した理由を説明した。

さらに、米最大手仮想通貨投資企業グレースケールは26日に、ADAを含む23銘柄の投資信託を検討していることを発表した。あくまで検討段階だが、より多くのアルトコイン投資信託の新規提供を目論んでいるという。

著者:菊谷ルイス
参考:FD7 Ventures

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します