CoinPostで今最も読まれています

NFT(非代替性トークン)の課税ルール、米国と日本の現状は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTに対して税金が課せられる方法は?

NFT(非代替性トークン)の人気が高まる中、その課税方式についても関心が集まっている。NFTは近年新しく登場した資産であるため、各国で制度が整っていくのはまだこれからだと考えられるが、Forbesが米国の場合の事例を紹介した。また日本でも、一般社団法人日本仮想通貨税務協会(JCTA)が見解を発表している。

NFTは、各トークンが、他と代替できない唯一無二の価値を持つことが特徴。これまで、デジタル美術品や、ゲーム内アイテム、スポーツ選手やアイドルのファン向け収集品などとして登場してきた。

世界的オークションハウス「クリスティーズ」で人気アーティストBeepleのNFTアートが約75億円で落札されたことも記憶に新しい。

関連最終落札価格75億円、Beeple氏のNFTオークション──「ファースト5,000日」

NFTクリエイターと、NFT投資家への課税

Forbesの記事の執筆者は、暗号資産(仮想通貨)のポートフォリオ管理と税務上の法的遵守に関するサービスを提供する企業CoinTrackerの税務戦略責任者Shehan Chandrasekera氏。

Chandrasekera氏は、NFTに対する課税は、納税者がNFTに関わる方法によって異なると説明している。市場でみずからNFTを作成して販売した場合と、投資家としてNFTを売買した方法の二通りだ。

まずNFTクリエイターは、NFTを販売する際に課税される。例えばNFTアートを作成・販売し、イーサリアム(ETH)で2,000ドル(約20万円)相当額を受け取った場合は、利益として2,000ドルを報告することになる。

もしもNFTを作成する事業に従事している場合は、関連費用を差し引いて税額を減らすことも可能だ。

また投資家にとっては、NFTへの課税は仮想通貨取引と似たものになるという。イーサリアムなど仮想通貨を使用してNFTを購入し、後でこのNFTを売却して利益を得た場合には、キャピタルゲインとして課税対象になる。

さらに、NFTを取得する際の支払いに使った仮想通貨が、それを取得した時点から値上がりしていれば(200ドル(約2万円)で購入したイーサリアムで、数年後2,000ドル相当のNFTを購入した場合など)、その差額分もキャピタルゲインとみなされる。

日本におけるNFTの課税方法は?

日本における課税方法については、2019年2月に一般社団法人日本仮想通貨税務協会(JCTA)が「あくまで税法上明確化されていない論点で、今後新たな取扱いが公表された際には取扱いが変わる可能性がある」と留保しつつ、以下の見解を示した。

NFTそのものが独立して価値を有するものであって、その売買や交換により所得が生じた場合には原則として雑所得として課税されると考えられます。その場合、原則として売買や交換の都度、取引を認識する必要があります。

ただし実務上は、NFT同士の交換については交換時のNFTの時価の把握が困難であることも考えられます。合理的な労力を払うことによって交換時の時価が把握できない場合には、課税上弊害がない限り円貨や他の仮想通貨との交換時に取引を認識することも容認されるものと思われます。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧