CoinPostで今最も読まれています

NEM(ネム)責任者らがFINSUMワークショップに登壇、CBDCについて議論

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ネムがCBDCをテーマにワークショップ

金融庁と日経新聞社が主催するフィンテックカンファレンス「FINSUM」にて仮想通貨ネム(XEM)のワークショップが開かれた。

ワークショップは全体を通してCBDCをテーマに議論が行われ、国内外の現状や、ネムのCBDCへの取り組みも紹介された。

ネム、リトアニア中銀との取り組みを紹介

ワークショップの1部では、パネリストとして、NEMソフトウェアのエグゼクティブディレクター・エンタープライズを務めるAntony Welfare氏のほか、麗澤大学の中島真志氏、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部部長の赤羽喜治氏、LayerX Labsの中村龍矢氏が登壇した。モデレータは日本経済新聞社編集員兼論説委員の西村博之氏が務めた。

Welfare氏はまず、CBDCは金融や経済のデジタル化への大きなシフトの一部だと語り、特にその動きが加速しているとした。ネムでもCBDC普及に向けた動きがあるとし、ローンチされたばかりのSymbolが世界経済に再び活力を与えると考え、携わっていく方法を模索していると言い添えた。

すでにネムはLBコインと呼ばれるコインをリトアニア銀行を提携して発行している。あくまで記念通貨ではあるものの、CBDCとしては数少ない実例だ。

また、Welfare氏は、LBコインについて、CBDCの実用性や市民の触れ方など、ユーザーの視点から学べることがあり刺激的だったと述べた。

私たちは8つほどの中央銀行に協力を行っており、それらの銀行はPoC(概念検証)の段階へ進むだけでなく、幾つかは実際の実験段階に進むと期待されています。これからが楽しみです。

ネムの次世代チェーンであるSymbolは、CBDCが次世代の経済基盤になると見込んで開発されている。SymbolをベースにしたCBDCソリューションを開発していく予定であることが語られた。

一方、NTTデータの赤羽喜治氏は「日本は(CBDC)の導入の狙いがあいまいだ」と指摘。ブロックチェーン技術を使うことの是非を含めた十分な議論を行う必要があるとした。

LayerX Labsの中村龍矢氏も、「単純な決済手段として導入するのはコストやリスクが過大」だとし、導入する理由があるとすれば、決済データの統合と利活用になると語った。

関連:リトアニア中銀、ネムブロックチェーン用いてCBDC発行 7月9日に先行予約開始

CBDCと規制について

第2部では、NEMグループCFOを務めるIain Wilson氏、SBIホールディングス執行役員 SBI R3 Japan代表取締役社長の藤本守氏、森・濱田松本法律事務所の増島雅和氏が登壇した。

Iain Wilson氏は「What is the use case for CBDCs?(CBDCのユースケースとは)」というテーマで議論をスタートさせ、プライベートセクターとパブリックセクターでは、CBDCに求めるものも異なってくるとした。

同時に、ブロックチェーン新しい技術を銀行のレガシーなシステムに重ねるのは非常に難しいとWilson氏指摘する。

私たちは、レガシーな決済システムにこの技術を重ねることで、これら全ての恩恵を受けられなくなってしまうことが無いよう、注意を払わなければならないでしょう。

また、CBDCの利点については、「貨幣をプログラムできる機能が付加され、税金の徴収や、年金・被災手当の支払いなど、リアルタイム決済で効率よく管理され配布することが可能になる」と述べた。

その後のディスカッションのコーナーでは、Wilson氏からパブリックとプライベートの線引きの問題が提起され、リトアニア中銀と開発したLBコインでは、「パブリックとプライベートのネットワーク上を行き来する」ことができると紹介された。

ほかの登壇者からもCBDCに関する線引きの難しさが挙げられ、リスクの大きさによってパブリックセクターの参入は必要になってくるなどの指摘が見られた。

また、弁護士 森・濱田松本法律事務所の増島雅和氏は今後の課題について、デジタルキャッシュはすでに存在しているため、「その中でCBDCが意味あるものとして存続するには、どのような立ち位置がいいのか」と投げかけ、特にリテールの部分でCBDC導入の意義を再検討する必要があるとした。

Wilson氏も、COVID-19が通貨のデジタル化を推進し、規制の枠組み構築などを今後の課題に挙げた。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア