米Square、ビットコインとクリーンエネルギーの親和性を唱える調査レポート公開

ビットコインと再生可能エネルギー

米決済企業Square社の手がける「Bitcoin Clean Energy Initiative」は22日、ビットコイン(BTC)マイニング事業とクリーンエネルギーの親和性を解説する調査結果を発表した。

太陽光や風力発電で発生する余剰エネルギーで暗号資産(仮想通貨)の採掘を行うことにより、導入メリットが増えると提唱している。

Square社は、ツイッターの創設者であるジャック・ドーシー氏が設立した決済アプリを提供するIT企業だ。昨年末には2030年までに自社の二酸化炭素の排出量をゼロにする計画を打ち出していた。

またマイニングなど、「ビットコインのエコシステムの中で再生可能エネルギーを導入する企業のサポート」を行うために10億円以上の資金を投じ、「Bitcoin Clean Energy Investment Initiative」を立ち上げている。

関連:ビットコインも「脱炭素」へ──米スクエア、10億円規模の環境支援計画

「ビットコイン・クリーンエネルギー・イニシアチブ」の発表では、ビットコイン市場とエネルギー市場の親和性が高いことから「今日のエネルギー資産家は明日のビットコインマイナーとなり得る」と説明。

再生可能エネルギーは環境への悪影響を抑制する手法で発生させる電力を指す。国連などが掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の一つとして「クリーンなエネルギー」が含まれる。

最近ではビットコインのマイニングに使用される年間の電力消費量がアルゼンチンを上回ることが懸念として挙げられており、マイニングの一大拠点である中国内での火力発電などが問題視されてきた。

関連:ビットコイン高騰でマイニング(採掘)の環境問題が再浮上、今後の課題は?

ただ日本やアメリカ、並びに中国など世界でも120カ国以上が脱炭素(カーボンニュートラル)宣言を表明している一方で、実際にクリーンエネルギーを運用する上では事業的な面から持続可能なシステム導入から黒字化までが難しく、インセンティブが少ない部分も課題の一つとして指摘される。

また太陽光発電や風力発電などの「クリーン」なエネルギー源は時折、電力を過剰に生産する場合も考えられるため、レポートではそういった際にビットコインなどの仮想通貨マイニングを行うことでエネルギーシステムを保有する電力会社や持続可能なインフラファンドなどは「よりクリーンでレジリエンスのある電力網」への移行をサポートできると展望した。

有識者のコメント

Square社と共に調査に協力した米投資大手ARK Invest社のCathie Wood CEOは「ビットコインは環境に悪いと言われているが、それはただの俗説だ」とコメント。実際は仮想通貨マイニング、エネルギー保管とAI技術の収束は再生可能エネルギーの導入を促進すると将来性を高く評価した。

スクエア社のCEOであるドーシー氏もツイッターで「ビットコインは再生可能エネルギーをインセンティブ化する」と言及すると、米テスラ社のイーロン・マスク氏が「その通り」(True)とコメントする一幕も見られた。

著者:Noah Sakamaki
参考:Square(レポート) , Square(プレスリリース)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します