仮想通貨ブローカー大手、ビットコイン購入する企業の増加を報告 レンディングではアルト銘柄の比率が上昇

仮想通貨レンディング額は2兆円突破

暗号資産(仮想通貨)の取引やレンディング、カストディサービスを提供する大手ブローカー企業Genesis Trading社が、2021年第1四半期の市場観察レポートを発表。新たな市場参加者の流入が増えていることを報告した。

Genesisの機関投資家向けレンディングの責任者であるMatt Ballensweig氏は「2020年が仮想通貨へ機関が参入する時代の始まりだったとすると、2021年の第1四半期は、その流入ペースが爆発的に増加した」と言及。

第1四半期の取引量の多くが、新しい市場参加者からのもので、さらにその多くはビットコイン(BTC)を初めて保有した企業だったと説明した。

公式発表によると、21年1Qの新規仮想通貨貸与額は200億ドル(約2兆円)を超え、これは2020年第4四半期の貸与額76億ドル(約8,200億円)を163%も上回る数字となった。2018年3月のレンディング事業を開始して以来、Genesisの貸与総額は400億ドル(約4兆円)にのぼる。

企業によるビットコイン購入増加

また現物取引は、2020年第4四半期から287%増加して315億ドル(約3.4兆円)に達した。Genesisが、財務資産としてビットコインを保有することに興味を持つ企業を支援する部門Genesis Treasuryを立ち上げたことも増加に寄与している模様だ。

出典:Genesis Trading

店頭取引(OTC取引)の額で上位100以内の顧客について、企業の割合が増加し取引量全体の25%以上を占めている。

2021年第1四半期以前は、ヘッジファンドとパッシブファンドがOTCボリュームで最大の顧客だったが、企業が第1四半期に財務資産としてビットコインを購入し始めたため、比率が変化したという。

Genesisは、テスラ、MicroStrategy、米Squareなどの企業がビットコインを購入したことにより、ビットコインを財務ポートフォリオに組み入れることを検討する企業が増えたと説明する。

この件について、Ballensweig氏は「企業財務資産のポートフォリオを支援するGenesis Treasuryのサービスに大きな関心が集まっており、この傾向は年間を通じて続くと予想する」と語った。

BTCのレンディング比率は低下

出典:Genesis Trading

仮想通貨レンディング部門では、ビットコインの借り入れ需要が低迷。割合としては20年4Qの54%から43%に低下した。その代わりにイーサリアム(ETH)への需要が、16%から27%へと拡大、イーサリアムを含むアルトコインが、Genesisのレンディングで約35%を占めていた。

この理由についてGenesisはDeFi(分散型金融)の台頭を挙げている。DeFiプロトコルを積極的に活用するヘッジファンドが、Genesisからイーサリアムを借りていると説明した。

グレースケール投信のマイナス乖離

また、グレイスケールのビットコイン投資信託(GBTC)が流通市場でディスカウント価格に転じたことも要因として挙げた。

GBTCにプレミアム価格が付いていた際には、投資家が通常の現物ビットコインに相当する価格帯でGBTCを購入し、ロックアップ期間を迎えた後に、GBTCが割高(プレミアムが付いた状態)で取引されていた二次市場でそれを売却することで利益を上げるチャンスがあった。しかしGBTCが二次市場で現物価格よりも割安で取引される状況(ディスカウント)になってからは、それが難しくなり、GBTCを買うために貸し出されるビットコインへの需要も減少している。

関連:グレースケール投信の「マイナス乖離」が過去最低の-10%台に、ビットコイン市場に及ぼす影響は?

この需要低下に対応するため、Genesisはビットコインレンディングの年利を3~6%から1~3%へと引き下げた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します