CoinPostで今最も読まれています

中国首都、仮想通貨マイニング事業者に消費電力の報告を要請=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイニング事業についての報告を要請

中国首都の北京市は27日、市内のデータセンター運営事業者に「緊急通知」を送信、ビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨マイニングビジネスに関与しているかどうかを確認している。ライターが報じた。

暗号資産(仮想通貨)マイニングを行っている場合、事業者はマイニングに消費した電力量などを報告する必要があるという。

報道によると、この通知は北京市経済情報技術局によるもので、同国の大手通信事業者にも送られたという。当局関係者は、通知が出された背景や、それが全国的なものであるかどうかは不明だと語った。

中国は現在、温室効果ガス排出量について2030年までに減少に転じさせ、2060年までに実質ゼロにするという目標を掲げているところだ。今回の通知も、消費エネルギーを減らすための取り組みである可能性がある。

また、3月に内モンゴル自治区では中国政府のエネルギー関連目標の一環として、消費エネルギー量を抑えるために、自治区内の仮想通貨マイニング事業を4月末までに閉鎖する案を発表した事例がある。

関連内モンゴル自治区、仮想通貨採掘場の閉鎖を検討

火力発電中心の新疆ウイグル自治区

中国は世界でビットコインマイニングの事業規模が大きな地域であり、ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センターの調査によると、2020年4月時点で、ビットコインハッシュレートの65%を採掘している。

同時点で、中国国内のハッシュレート占有率は一位が新疆ウイグル自治区(36%)、二位が四川(10%)、三位が内モンゴル自治区(8%)、四位が雲南(5%)、五位が北京(2%)だ。北京はそれほど大きな割合を占めているわけではない。

中国では季節ごとにマイニングを行う場所を変える事業者も存在しており、場所によって使用電力の種類も異なる。10月から5月までの乾季と呼ばれる時期には、四川省など国の南西部でマイニングに利用される水力資源が限られるため、ビットコインマイニングファームの多くが新疆ウイグル自治区など石炭による火力発電を土台とする地域に移動する格好だ。

ハッシュレートの多くを占める新疆ウイグル自治区では、4月10日に炭鉱で起きた浸水事故などの影響で、一時マイニングファームも事業停止を余儀なくされていた。中国政府が石炭火力発電所に安全対策の検査を実施するよう指示し、検査のためにマイニングファームも一時停電。停電は乾期にあたっており、ウイグル自治区でマイニングを行っていた事業者は多かったとみられる。

中国の優位性は低下中か

The BlockのエディターWolfie Zhao氏によると、4月16日以降、ビットコインの3日間のハッシュレート平均は16%低下。さらに7日間の移動平均は、一時約20%低下した。

こうして中国での停電は、ビットコインネットワーク全体にも影響を及ぼしたとみられるが、この数字は中国のハッシュレートの優位性が前年と比較して大幅に低下したことを示すという意見もある。

大手ビットコインウォレット企業Bixinの海外事業責任者Mustafa Yilham氏は、次のようにコメントした。

現在、中国ではまだ乾季であるため、マイニングの大部分(80%以上)はまだ新疆ウイグル自治区で行われている。つまり、先週の時点で中国のマイニングファームの80%が新疆ウイグル自治区にあり、その80%が一時事業停止した。

しかし、ビットコインネットワークの20〜25%にしか影響しなかった。このことから考えると、(世界のビットコインマイニングに占める)中国のハッシュレートは現在、多くても約32%から40%だろう。

最近、北米のマイニング企業はハッシュレート最大の中国に対抗することも意識しつつ、事業規模を拡大中だ。

関連米中ビットコインマイニング企業、マシンの発注金額が160億円に上る

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
06:20
バイナンスラボ、ビットコインステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧