ビットコインの地位は揺るがない:ドラッケンミラー氏

ドラッケンミラー氏のインタビュー

著名投資家のスタンレー・ドラッケンミラー氏は11日、米CNBCの独占インタビューに応じ、米ドルと暗号資産(仮想通貨)の今後や、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)についての見解を示した。

90年代に英ポンドをショートした経歴を持つ著名投資家のドラッケンミラー氏は、ジョージ・ソロス氏の右腕として知られた人物。現在は資産運用企業のDuquesne Family OfficeのCEOを務めており、2020年にはビットコインを所有していることを明かし、大きく注目を集めた。

関連:億万長者投資家のドラッケンミラー氏、ビットコイン保有の事実を明かす

ドラッケンミラー氏は現在の金融市場が全般的に「激しいマニア(バブル)」状態にあると形容。現状も株式市場を上昇局面と見ているものの、4、5ヶ月前に比べると「単純ではない」とした。

現在の加熱した相場状況がどれほど続くかは「分からない状況にある」として、昨年8月から10月の間にDuquesne Family Office社の資産の大半をコモディティーや金利、米ドルに移動したことを明かしている。

米ドルの地位に危機感

ドラッケンミラー氏は世界の準備通貨としての米ドルの地位についても懸念を示し、「今後15年以内に準備通貨としての恩恵がなくなる」と言及。欧州の金融状況は混乱している上、中国共産党の独裁体制には信頼度が低いことから、将来的には新たな「暗号通貨ベースの台帳システム」が米ドルに代わる存在として台頭する可能性があると予想した。

これまでは米ドルに代わる存在がいなかったものの、米連邦準備銀行(FRB)などの金融政策により米ドルの地位を揺るがしていると批判。また、各国で中央銀行に対する信頼が薄らいでることから、未だ開発されてない台帳システムが現れ、世界中で米ドルに代わると展望した。

関連:バイデン大統領、200兆円規模の大型経済対策に署名

BTCやETHについて

また、具体的な仮想通貨については、ビットコインやイーサリアムに言及。

BTCについては「価値の保存手段としてビットコインの座を揺るがすことは難しいだろう」と分析した。およそ「14年間」存在している点や、限られた供給量を要因として挙げた。

一方、イーサリアムについては「スマートコントラクトやコマースの観点では牽引している」点を評価しつつ、過去に検索エンジン大手だったヤフーからグーグルが覇権を奪った事例などを挙げ、「先行者利益を得ている技術が最終的に覇権を握るとは限らない」点を指摘。今後イーサリアムに台頭する技術が現れても何らおかしくないと見解を述べた。

さらにドラッケンミラー氏は、現在エンジニア系の有望な人材が名門校を卒業後、クリプト業界に足を踏み入れる事例が多くなっていると述べ、今後競争はさらに激しくなりとして、「まだ誰が最終的な決済システムやコマースの基盤となったか断定するのは難しい」と語っている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します