LINE子会社、CBDC(中央銀行デジタル通貨)向けのブロックチェーンをリリース

LINE PlusがCBDC事業に本腰

チャットアプリ大手LINEの子会社のLINE Plusが、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するためのソリューションとなるブロックチェーン「LINE Financial Blockchain」を発表した。

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

LINE Plusによると、このブロックチェーンは、大量の決済を処理するための高速性とスケーラビリティや、決済情報の機密性を備えており、またカスタム設定により、それぞれの国や地域のシステムや金融規制の要件に簡単に準拠できるようになっている。

すでに、LINEはアジア地域のいくつかの中央銀行とCBDCプラットフォームについて協議しているところだという。LINEブロックチェーンのメリットを活かしながら、各中央銀行のニーズも反映した、CBDCへの適用を目指すとしている。

LINE Plusは、2013年にLINE株式会社の子会社として設立。LINE株式会社は、以前韓国のネイバーが所有していたが、2021年3月に、「Yahoo! JAPAN」を運営するソフトバンクの子会社Zホールディングス株式会社(ZHD)と経営統合されている。

カスタマイズ可能なブロックチェーン

「LINE Financial Blockchain」は、顧客身元確認(KYC)や反資金洗浄(AML)の機能を簡単に追加することができるようになっており、基準を満たさないユーザーのアカウントを無効化したり、取引の制限を行ったりすることも可能だ。

また、複数のブロックチェーン間で通信できるインターチェーンプロトコルをサポートしており、互換性のある他のCBDCネットワークとも簡単に接続することができるという。

LINEのブロックチェーンは、互換性を持ったブロックチェーンを構築するためのオープンソースフレームワーク「Cosmos SDK(Software Development Kit)」を用いて構築されている。

LINE Plusはウェブサイトに、CBDCについて解説するページも掲載した。世界各国でのCBDC発行の状況や、CBDCというコンセプトについて概説しており、中央銀行デジタル通貨に注力していく姿勢が窺えるものとなっている。

発表されたブロックチェーンのウェブサイトが韓国語であることから、CBDCについてLINEがアピールする国の一つには韓国が含まれている可能性を指摘する声もある。

CBDCへ取り組む韓国企業

韓国では、その他の企業もCBDCへの取り組みを始めている。

韓国の中央銀行は、大手インターネット企業「カカオ」のブロックチェーンプロジェクトKlaytn、自動車大手ヒュンダイの関連子会社「Hdac Technology」とCBDCについての協議を行ったと報道された。また、新韓銀行はCBDCに使えるプラットフォームのテストを完了し、Klaytnブロックチェーンのガバナンスにも参加している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します