最近の仮想通貨の下落要因とコンセンサス2018を控えて

トレンド変換に変わるのか
4月17日のアメリカの確定申告の時期もあり、4月半ばまで下落相場が続き、そこから安定したと思われた相場でしたが、大手仮想通貨取引所であるUpbitの家宅捜査のニュースが起こり、再び下落している状態になっています。
コンセンサス2018が間近
仮想通貨全体に影響を非常に大きく与える世界最大のカンファレンスであるコンセンサス2018が来週月曜日から3日間開催されます。様々な予想が出ており、来週からの仮想通貨市場の動向に非常に注目していきたいです。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

トレンド変換になるか

今年の初めに74万円付近の最低価格にタッチした後、約1ヶ月で120万円付近まで回復しました。

Fundstratの研究責任者であるトム・リー氏によると、以前の仮想通貨全体の弱気相場のきっかけは、アメリカの投資家達が、4月17日の2017年分の確定申告の時期があり、それを支払うための現金を調達するため売り圧力が強まっていたという事実がありました。

加えて、バークシャー・ハサウェイの株主総会でウォーレン・バフェットとチャーリー・ムンガーがコメントしたところによると、Bitcoinや他の仮想通貨資産を批判していました。

ビットコインはラットポイズンと述べるなど言及しています。

ウォーレンバフェット氏「ビットコインは投資ではなくギャンブル」
バフェット氏はビットコインなどの仮想通貨投資が何の価値も生み出さないとして、ビットコインを投資ではなくギャンブルであるとみています。長年のパートナーであるマンガー氏はバフェット氏以上に、ビットコインに嫌悪感を示しています。

上記の表で確認できる通り、先週末に100万円を上回った後、2日前の価格が暴落するまで、仮想通貨全体は比較的安定したまま推移していました。

この下落の中で、トム・リー氏は、5月14日から16日までニューヨークで開催されるコンセンサス2018が仮想通貨の強気相場復活のきっかけを作るだろうと考えています。

ビットコインストラジスト:5/14にコンセンサスを控えた現BTC価格は割安
著名投資家のTom Lee氏は、米NYで14日から開催される世界最大級の仮想通貨カンファレンス『コンセンサス2018』を引き合いに、現在のBTC価格が割安であると言及。昨年イベント期間中に60%以上高騰した事例など複数の根拠を挙げました。
今年はどうなるのか:『コンセンサス2018』の注目スピーチを紹介
今年のコンセンサスで予定されている発表で仮想通貨市場に影響を与える可能性のあるイベントをピックアップしました。

突然の韓国のニュース

Bitcoinの落ち込みのもう一つの理由は、韓国の検察が韓国の最大手取引所で、取引量世界上位の取引所のUpbitに対し、詐欺の疑いで捜索を行なっている、と複数の韓国メディアが報じたことで引き起こされました。

検察は、”顧客を騙している“と主張し、実際の資産保有量よりも多くの仮想通貨を顧客に販売していた疑いがあるとされ、捜査を受けました。

CoinMarketCapのデータによると、Upbitは取引量が世界で4番目に多い仮想通貨取引所であり、過去30日間のビットコインの総取引量の2%未満を占めていました。

韓国相場大暴落:韓国最大手取引所Upbitを詐欺の疑いで検察が家宅捜索
韓国検察は10日から11日にかけ、世界第四位の取引所Upbitに対し、詐欺の疑いで家宅捜索を行いました。同社は、実際の資産保有量よりも多くの仮想通貨を顧客に販売していた疑いがあるとされ、現在も捜査が続いています。

ビットコインダンプ

最近の下げ相場の背後にある主要な要因の1つは、破産した仮想通貨交換業者、マウントゴックスの管財人を務める小林信明弁護士が大規模なビットコイン売却を準備していることで相場に大きな影響を与えました。

破産したマウントゴックスに対する債権者からの請求への支払いを開始するために残りの保有している仮想通貨を精算する方法を示すと、仮想通貨コミュニティーから市場に動揺を生じさせ、下降トレンドに向かう原因になっていると言われています。

4/27(金)|仮想通貨はGW前に反発・Mt.GoxのBTC大量売却が直近相場に影響した可能性も
仮想通貨市場は、BTCが100万円を復帰するなど一時下落から反発を見せ、GW前に全面高となりました。CCNの報道では、Mt.Goxの管財人によって17,000BTC以上が公共の仮想通貨取引所にて売却され、相場に影響を与えた可能性が指摘されています。

来週開催:コンセンサス2018

コインデスクによる仮想通貨とブロックチェーンに関する、世界最大の仮想通貨会議であるコンセンサス2018が来週月曜日から3日間開催されます。

250以上のスピーカーを抱え、多種多様な業界の新興企業や金融機関や政策グループから様々な人たちが参加し、約7000人参加します。

2015年以降、この仮想通貨会議は、参加人数が年々増加し、2015年以降減ることなく増加しています。

  • 2015年カンファレンス参加者:400人
  • 2016年カンファレンス参加者:1400人
  • 2017年カンファレンス参加者:2700人
  • 2018年カンファレンス参加者:7000人

今後の動向

Fundstratのトム・リー氏は、長年のビットコインの提案者であり、コンセンサス2018によって仮想通貨市場で大きな金融的アクションが起こるのではないかと予想しています。

コンセンサス2018での仮想通貨市場に与える影響は大きいと予想され、来週以降の価格変動に様々な投資家達から関心の目が向けられています。

仮想通貨大型イベントConsensusの影響力調査:2017年の値動きと2018年の注目通貨
仮想通貨大型イベントConsensus(コンセンサス)2018が近づくにつれ、期待感が上がっています。コンセンサスが2017年、各仮想通貨価格をどの様に価格を変動させたのか、また今年はどの通貨に注目するべきかをまとめました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用