CoinPostで今最も読まれています

Enjin(エンジン)、メタバース開発企業のDvision Network(DVI)と提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Enjinの技術を採用

NFT特化型プラットフォームとブロックチェーンゲーム開発で知られ、国内取引所にも上場しているEnjin(エンジン)が、ブロックチェーン・メタバースを開発する韓国の「Dvision Network」との提携を7月29日に発表した。

Dvision Networkは今後、Enjinが開発中のパブリックチェーン「Efinity」、また取引手数料のかからず、カーボンネガティブを謳う同社のイーサリアムブリッジ「JumpNet」も統合する予定だ。

Enjin社より提供

マルチチェーンプラットフォームとして拡大中のDvision Networkは、イーサリアムやPolkadotなどの5つのブロックチェーンで動作する最初のメタバースとなることを目指す。

メタバースとは

メタバース(Metaverse)とは、インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

ブロックチェーン用語集

Dvision Networkとは

Dvision Networkは、ブロックチェーンベースのVRゲームやNFTなどのメタバース・プラットフォームを開発する、急成長中の韓国企業だ。エコシステム内のユティリティ・トークンである「DVI」は海外仮想通貨取引所に上場している。

今回の提携により、Dvision NetworkはEnjinのブリッジネットワークであるJumpNetを利用し、異なるチェーン間でNFTをシームレスに相互移動できるようになる。

またEnjinのプラットフォームとAPIを利用し、アバターや不動産、装飾品をNFTとして発行し、家具や装飾品を作成・設置したり、それらをメタバースのキャラクターやワールドクリエイターに統合したりすることも可能となる。

ユーザーはDvision Networkのキャラクター作成機能を使い、アバターとなるNFTをデザインし、それを好みのブロックチェーンで発行することが可能。

また、NFTクリエイターやコレクターが、独自のNFT作品を発行・取引できるマルチチェーン・マーケットプレイスを構築し、ブロックチェーン・エコシステムの相互運用性をさらに促進させるとのことだ。

Dvision Network CEOのJung Hyun Eom氏は、今回の提携に関してこうコメントしている。

私たちは、NFTの利便性を向上させる必要があると認識しています。イーサリアムベースのNFTでは、アイテムの作成や所持に大きなコストがかかり、ゲーム内の単純な取引に莫大な金額を支払わなければならないという問題がありました。

Enjinの協力を得て、ユーザーが無料でNFTを作成できるようにし、負担となるガス代をかけずに、マーケットに価格を決めてもらうことができます。

    

今年6月以降、Enjin技術を採用する「Enjin公式アダプター」と呼ばれるゲーム関連企業や開発会社はDvision Networkを含め計6社となっている。また、Tronをベースに開発されたゲームネットワーク「Tron Game Center」が、「Pandemic Multiverse」として、Enjinのエコシステムに移行することを発表している。

Enjinは、Microsoft、Samsung、エイベックス・テクノロジーズなどのパートナーを含め、55以上のプロジェクトとも連携しており、Enjin技術を採用する企業の数は拡大中だ。

Enjinの直近の動き

Enjinは直近で、Product Hunt、Microsoft、CoinMarketCap、SwissBorgなどのパートナーと協力してNFTに関連するキャンペーンやプロジェクトを実施している。

Enjinは、イーサリアムと互換性を持ち、環境に配慮したブロックチェーンであるJumpNetを4月にリリースしており、また2021年内のローンチに向け、パブリックチェーン「Efinity」の開発を行なっている。

今年中のEfinityローンチに向け、Uniqly、Dvision、Unbound Finance、DropsなどのEnjinパートナー企業はEfinityの統合予定を発表している。

関連:Enjin、業界イニシアチブ参加で「脱炭素化」に向けて取り組み

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア