CoinPostで今最も読まれています

金融庁「デジタル・分散型金融に関する研究会(第2回)」の議題を公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiやステーブルコインへの対応

金融庁は15日、「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」(第2回)の議題を公開した。ブロックチェーン技術を利用した分散型金融(DeFi)や暗号資産(仮想通貨)ステーブルコインの課題などについて議論された。

金融庁は先週、7月26日に開催した第1回「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」の研究会の議事録を公表している。

関連:DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

関連:金融庁「デジタル・分散型金融に関する研究会」の議事録公開 仮想通貨規制の課題点は

分散型金融の課題は?

出典:金融庁

分散型金融技術に関しては、上図のようにUniswap・Compound・Maker DAOを例に、従来の仮想通貨取引所と比較している。

また、「既存の金融サービスの多様性の増大や金融サービス提供者の信用リスクの軽減など、金融システムの安定に寄与し得る」「スマートコントラクトにより、取引を自動処理することが可能となる」などのメリットも指摘されていると説明する一方で、以下のような課題もあるとしている。

  • 匿名化により、実効的な本人確認(KYC)が確保されず、資金の流れが不透明化するため、マネー・ローンダリング等に利用されるおそれがあること
  • 分散化により、規制対象者が不明確になるため、仲介者を対象とする従来の金融規制の適用や執行が困難となるおそれがあること
  • 台帳上の取引の修正等が困難であり利用者保護を確保できないおそれがあること

規制上の論点としては、「ブロックチェーンは国際的に利用されるが、どの国の法律から見て違法か?」「違法なサービスの停止には、究極的にはブロックチェーン自体の管理者(マイナー)の協力が必要」などが挙げられている。

同研究会のメンバーであり、暗号学やブロックチェーンなどを研究領域とする、米ジョージタウン大学の松尾真一郎教授は、米SEC(証券取引委員会)ゲンスラー委員長の発言を引用し、分散型金融は本当の意味で分散されていないとし、現実には「分散型金融技術の作り手」と「分散型金融技術を利用してマネタイズするグループ」の二重構造になっていると指摘。

また、開発者、投資家、規制当局などのステークホルダーの間で、責任の所在が曖昧になっておりそれぞれが各ステークホルダーに対して過剰な期待をしているがゆえにプロジェクトがうまく機能しなくなることもあり得るとした。

さらに、分散化させるべき箇所、分散化に相応しくない箇所など、個別のビジネス・プロジェクトの分散化の度合いとリスクの性質は詳細に評価される必要があるとも述べている。

ステーブルコインにも言及

分散型金融だけでなく、ステーブルコインに関する言及も見られた。

ステーブルコインは広く普及する可能性が高く、一般的な仮想通貨よりも金融システムに与える影響が大きいとしつつ、P2P取引によるマネー・ローンダリングなどのリスクや、既存の規制で対応できずリスクに適切に対処できない可能性が指摘されている現状があると説明した。

なかでも、複数の法域で相当量が取引される可能性があるグローバルステーブルコイン(GSC)について、国際金融監督組織である金融安定理事会(FSB)は2020年10月、リスクや規制上の推奨事項をまとめた報告書を発表している。

FSBは、国境を越えて、 銀行、決済、証券・投資の規制体制にリスクをもたらす可能性もあり、国際的にも適切な規制、監督基準を設けることが重要であると主張。GSCのリスクとしては、以下のような点を列挙していた。

  • 「価値の貯蔵手段」として利用される場合、価値の変動でユーザーの財産に大きな影響をもたらし、経済活動に影響を与えるおそれがある
  • カストディアンの運用事故や、設計上の欠陥、サイバー事故、バリデータ・ノードの障害などによる情報漏洩
  • 秘密鍵の保存や、コイン取引のためにユーザーが用いる電子ウォレットなどのアプリや取引所を巡る事故の発生リスク

関連:金融安定理事会、グローバルステーブルコイン(GSC)に対する規制勧告

また、FATF(金融活動作業部会)が2020年6月に公表したG20報告書において、ステーブルコインは、仮想通貨あるいは伝統的な金融資産としてFATF基準の適用対象となる旨を明確化。2021年11月にも、改訂仮想通貨ガイダンスを公表し、ステーブルコインに関する規制内容も明確化する方針を表明していることに言及している。

こうしたことを背景に、ステーブルコインは、サービス開始前にリスクに対処することが必要との指摘があることについて議論する必要性があるとの認識を示している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧