CoinPostで今最も読まれています

NFT特化型ブロックチェーン「Flow」 Dapper Labsが現状総括 Dapper Labs寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Flowブロックチェーンの現状

Flowブロックチェーンは、トップブランドとその何十億ものファンにとって基盤となる存在を目指しています。

Flowではユーザーエクスペリエンスが最優先され、コミュニティの成長を後押しし、ブランド、クリエイター、ユーザーの関係が再構築されます。Flowのエコシステムパートナーは、グローバルIPからインディーゲーム開発者、アバンギャルドなアーティストまで多岐に渡ります。

関連:Dapper Labs、米プロバスケ選手のNFTを使ったBCゲーム「NBA Top Shot」正式リリースへ

出典:Flow

Flowのエコシステムは、ユーザーがブロックチェーン上に自らの居場所を見出すことによって繁栄しています。Flowコミュニティは、スポーツ、アート、ゲーム、音楽、その他エンターテイメントの、信頼できるプロダクトの周りにユーザーが集まってくることで活気づいています。

関連:Dapper Labs、アメフトの「NFL」と提携したNFTトレーディングカードゲームを計画か

出典:Flow

Flow上では、プロジェクトが続々と立ち上げられて成長していく中で、プラットフォームがオープンかつ非強制的な形で相互作用し合うようになってきています。ユーザーに「デジタル・ネイティブ・オーナーシップ」を与えることは、Flowによるオープンな世界の構築における次のステップとなります。

特筆すべきことは、いまの勢いはまだ始まったばかりだということです。ユーザーがビジネスマンや企業の経営者、あるいは開発者、コレクターのいずれであっても、参加はまだ遅くありません。本番はこれからです。

Flowエコシステムの成長

出典:Flow

このグラフから分かる通り、Flowを採用する企業の数は、2020年12月以降、急激に増加しており、9カ月の間に600を超えました。

立ち上げられているプラットフォームは、音楽、ファッション、スポーツのコレクターズアイテム、ウォレットや開発者ツールなど、さまざまな媒体に及んでいます。NFTのユースケースがブームになっている一方で、フラクショナル・オーナーシップ、NFT担保ローン、SNSなど、Flowでは補完的なサービスが続々と登場しています。ブロックチェーン上における構築に際して、Flowは最高の使いやすさを提供します。

Flowネットワークの性能

Dapper Labs提供

Flowにおけるウォレットアカウントの成長ペースは、2020年夏のDeFiブーム時のそれをはるかに超えています。Dapper Wallet以外のウォレットアカウントは、Flowで加速的に成長しています。

また、エンドユーザーが利用できるアプリケーションや、その実装例が多様化したことで、ネットワークのトランザクション数は増加し、この大きな成長期においてFlowは数千万件のトランザクションを処理した実績があります。

Flowはネットワークの稼働が開始してまだ1年未満であるにもかかわらず、Flow上に構築されているアプリケーションを通し、すでに数千万件のトランザクションを処理しています。現在稼働中のFlowネットワーク性能はまだ初期段階にあり、本来の性能のほんの一部を発揮しているに過ぎません。

Flowアーリーアダプターの成功例

Dapper Labs提供

Flowが初期段階のアプリケーションに力を与え、すぐに成功をもたらした例としては、『Chainmonsters』がその典型例となります。Chainmonstersはクローズド・アルファ・フェーズの時点ですでに6万人以上の登録プレイヤーがおり、計100万ドルのジェネシス・ドロップを数分で完売させています。

また「Blocto」は、Flowで最も利用されているウォレットの1つで、ローンチから1年足らずで20万人以上のユーザーを獲得しています。この成功により、Bloctoは立ち上げ当初から多額のVC資金を調達し、現在までに500万ドル以上の収益を上げています。

Flowが提供する信頼はユーザーの利益だけに留まるものではありません。Flow技術を基盤とする企業は投資家の注目を集め、現在までに7億ドルを超える資金を調達していますが、この数字はDapper Labsの資金調達額を除いた額です。

環境に優しいブロックチェーン

Dapper Labs提供

ブロックチェーンを一から構築するとなると、持続可能性を念頭に置くことが重要となります。

FlowのPoS(プルーフオブステーク)コンセンサスメカニズムは、環境に優しいアプローチを可能とします。これはFlowの特徴であり、企業、開発者、ユーザーがそれぞれのブロックチェーンの長所と短所を検討する際に考慮する点です。

Flowの年間エネルギー消費量は、1時間に換算した場合1ギガワット未満に過ぎませんが、これに対してビットコインでは約11万ギガワットを浪費します。

実施中のFlowイベント

FLIP Fest

FLIP Festは、オープンソース・ブロックチェーン・プロジェクトに協力する開発者のための2ヶ月間に渡るビルドソンです。FLIPとは、Flow Improvement Proposal(フロー改善提案)の略で、Flowの改善点を議論・実行するためのコミュニティ主導の取り組みのことです。

FLIP Festの目的は、開発者がFlow上でソリューションを構築し、それが開発者コミュニティ、ひいてはより広い消費者層に持続的な影響を与えることです。FLIP Festの登録は10月15日に締め切られ、10月30日に終了します。

関連:「CryptoKitties」や「NBA TopShot」の基盤ブロックチェーン「Flow」とは

Flow Fest

出典:Flowverse

10月12日から開催されているFlow Festでは、コレクターズアイテム、ゲーム、音楽、スポーツなど、ブロックチェーン上に構築されている最先端の技術に触れることができるグローバル規模のバーチャルフェスティバルです。エキサイティングな発表、限定ドロップ、そしてたくさんのサプライズがあります。

このイベントは、エコシステム・パートナーのローンチ・ドロップに注目してもらうことを目的とし、数万から数十万人の世界中のコレクターを対象としたグローバル・マーケティング・キャンペーンが実施されます。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア