Dapper Labs、米プロバスケ選手のNFTを使ったBCゲーム「NBA Top Shot」正式リリースへ

NBA題材のゲームがリリース

Flowブロックチェーンを開発中の「Dapper Labs」は、米プロバスケットボールリーグ(NBA)とのコラボによって実現したブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」の正式サービス提供開始を発表した。

DapperLabsは、2017年11月にNFTを利用したブロックチェーンゲームとして一大ムーブメントを起こした「CryptoKitties」の開発企業だ。「NBA Top Shot」は、Dapper Labsが開発した独自のブロックチェーン「Flowブロックチェーン」上で提供される初のゲームになる。

関連:仮想通貨投資を促すデジタルの招き猫:世界最大ブロックチェーンゲーム「クリプトキティーズ」

CryptoKitties同様、収集要素の強いコレクティブル系ゲームである「NBA Top Shot」は、ゲームのデバッグを兼ねたクローズドβ版(参加者限定)で開発が行われてきており、テストプレイに招待された数は17000人に達した。

NFTのレアリティは異なる価格帯のCommon、Rare、Legendaryが存在し、クローズドβの時点で計43,000パックが売れた。特典となる29,000モーメント(NFT:非代替性資産)がエアドロップされたことからも、ファンや投資家心理を刺激したことがうかがえる。

NBA Top Shotとは

NBA Top Shotは、Dapper Labsが米プロバスケットボールリーグ(NBA)とのコラボによって開発された、dAppsゲームだ。

同ゲームでは、試合中の選手の写真やプレイ動画がカード化されており、ユーザーはカードパックを購入することでコレクションすることができる。NFTなので、外部のNFT市場で売買可能となるなどトレーディング要素も強い。

デジタルのデータなのに売り買いができるのは、ブロックチェーンを利用することによって、カードの複製などができない仕組みになっているためだ。今後、現実の試合と連携したファン垂涎のサービスも作られる予定としている。

カードの中には、希少性の高いアイテムも存在し、人気スター選手のカードなどはクローズドβでも盛んに取引され、マーケットプレイス(二次流通市場)では、計10,500モーメントが売買されたとしている。

CEOのコメント

正式リリースにあたって、Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou氏は以下のように語った。

NBA Top Shotでのデジタルアイテムの収集は、ファンに喜びを与えるだけでなく、Flowブロックチェーンを利用することにより、このコレクションは金銭的価値を生み出すことになる。

NBA Top Shotのコミュニティは、過去携わった中でもベストだった。自発的に協力し合い、ユーザー体験を向上させるためのツールやアプリを開発していくれる開発者たちにも恵まれた。

FlowブロックチェーンとDapper Labs

Flow ブロックチェーンは、Dapper Labsが開発するエンタメ向けのブロックチェーンだ。

Dapper Labsは、自らが送り出したゲーム「CryptoKitties」が大ヒットする中、イーサリアムブロックチェーン基盤のトランザクション詰まりや取引手数料のガス代高騰など、スケーラビリティ(拡張性)の課題に直面してきた経緯がある。

そのため、スケーラビリティ問題を解消したFlowブロックチェーンは、取引手数料に悩まされることなく快適にdApps(分散型アプリケーション)を遊ぶことを可能にするために開発されている。

Dapper Labsは、NBAだけでなく、世界最大の総合格闘技団体「UFC」やUbisoftなどのエンターテインメントのトップ企業と提携を行うなど、今後の展開を幅広く見据えている。

参考:NBA Top Shot


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します