アルト市場の資金流入加速でBTCドミナンス右肩下がり、ポルカドット(DOT)過去最高値を更新

仮想通貨相場の動向

2日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比+0.6%の695万円(ドル)で推移している。

BTC/USD日足

BTC価格は、米国初となった「ビットコインETF(上場投資信託)」の材料を手掛かりに過去最高値を更新した後は、過熱感から上昇を一服。足元では保ち合いのペナントを形成しているが、上値の重さも目立つなど様子見基調がみられる。

BTCの市場占有率を示すドミナンスは、アルトコインへの資金移動の影響もあり、10月20日47.7%から右肩下がり。2日時点で43.6%まで低下した。

アルトコイン市場の個別銘柄

対照的に、アルト市場では連日のように循環物色が続いている。国内上場銘柄では、ポルカドット(DOT)が前日比+15%と高騰。一時50ドルを超え、過去最高値を更新した。

Messari:時価総額TOP10

ポルカドットは、Web3 Foundationにより2017年10月に発行された。異なるブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)向上を目指す、次世代プラットフォーム・プロジェクト。

ネットワークを設計した「Parity Technologies」は今年10月、「パラチェーン」のローンチ予定を発表した。パラチェーンは、エコシステムのコアを成す「リレーチェーン」と個別ブロックチェーンの接続を担う。

出典:公式medium

カスタムチェーンがPolkadotネットワークに接続されることで、ネットワーク上の他のすべてのパラチェーンと相互運用できるようになるという。

パラチェーンとは

ポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。一方、各パラチェーンが接続され、ネットワークで中心的な役割を果たす部分は「リレーチェーン」と呼ばれる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

関連:初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

今年10月には、ポルカドットのパラチェーン・オークション(クラウドローン)に最大手取引所バイナンスが対応を発表したほか、ポルカドットのプロトコル・ガバナンス組織である「ポルカドット評議会」は1日、最終投票をクリアした場合、初オークションが日本時間11月5日3時15分頃(Nov. 4, 2021 19:15 CET)より行われる見込みであることを明かした。

ポルカドット(DOT)は、国内大手GMOコインなど複数の取引所で取扱いがある。直近だと10月26日、ビットポイントの販売所に上場した。

メタバース銘柄

また、米フェイスブックの「Meta」への社名変更とメタバース(仮想空間)への巨額の事業投資方針を受け、暗号資産(仮想通貨)市場でも関連銘柄が物色されている。

ブロックチェーン基盤のメタバースゲームでは、代表格のディセントラランド(MANA)が前日比+18%となったほか、ボクセルゲームトークンのザ・サンドボックス(SAND)が前日比+70%となるなど、思惑先行で乱高下を伴いながらの資金流入が続く。

Messari:メタバース銘柄

ソフトバンクのVision Fund 2は2日、メタバースゲーム開発企業「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の100億円(9,300万ドル)の調達ラウンドを主導したことなどがポジティブサプライズとなった。過去には、スクウェア・エニックスなどが開発会社に出資したほか、コインチェックでThe SandboxのNFTランド(土地)のセールなどを実施している。

関連:イーサリアム最高値更新で約50万円に、フェイスブックの影響で「メタバース」銘柄に買い集まる

さらに2日には、米シカゴ発の投資企業Sfermionが、新たに立ち上げたメタバースファンドにて、米大手VC「a16z」などから110億円を調達したことがわかった。分散型メタバースの開発・運用を手がけるスタートアップに投資するもので、主に分散型ネットワークのプロトコルやデジタル資産、VR/AR領域が対象になる。

リアル世界連動型のメタバースのバーチャル旅行やバーチャル商業施設などは、コロナ禍で新規事業開拓を余儀なくされる株式市場でも一大テーマとなっており、今が旬のトレンドとして、今後ますます企業の関心が高まっていくことが想定される。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します