マイクロソフトのメタバース戦略:ビデオ会議ソフトに複合現実(MR)プラットフォーム融合

ビデオ会議にメタバース環境を導入

米IT大手マイクロソフトは、オンラインで開催中(日本時間11月3日・4日)のITカンファレンス「Microsoft Ignite」にて、同社のビデオ会議ソフトTeamsと複合現実(MR)プラットフォーム「Microsoft Mesh」を融合させた「Mesh for Teams」のプレビュー版を2022年前半に公開すると発表した。

Mesh for Teams(以下MTと表記)では、Meshの提供する複合現実(MR)機能とTeamsの生産性ツール(ビデオ会議やファイル共有機能)を組み合わせ、異なる場所にいるメンバーが同一の仮想空間に参加し、インタラクティブな共同作業など共有型のホログラフィック体験を提供する。

複合現実(MR)の例としては、Microsoft HoloLensの利用で、自分のデスクや会議室などの空間に浮き出した近未来的な”ホログラム”映像を見て、視線やジェスチャ、音声コマンドで操作できるようになるという。

MTのビデオ会議では、自分自身が参加するかアバターを使用するか選択可能。MTではメタバース環境を推進するため、新たな3Dのアバターが追加されるが、VRを体験するためのヘッドセットなどは必要なく、スマートフォンやPCなどからもアクセスできるようなるという。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

臨場感の演出

Meshの主任プロダクトマネージャーであるKatie Kelly氏は、マイクロソフトがメタバースに取り組む姿勢の原点は、人間としての実際の体験だと言う。

誰かに話しかけたり、目を合わせたり、その行為に対する反応などの臨場感が重要になる。

MTではAIが参加者の声を解析してアニメ化されたアバターに反映するため、より一体感が感じられるようになるという。また3D会議の場合は、アバターに挙手させるなどのオプションも用意されているとのことだ。

Kelly氏は来年前半にも、没入型の仮想環境で同社の様々なツールが利用できることを目標にしていると言う。MTを使用することで、企業独自の仮想空間(メタバース)を構築することが可能になるようだ。

メタバース領域への投資

マイクロソフトは今年3月に、クラウド・コンピューティング・プラットフォーム「Azure」を駆使した新しいMRプラットフォームMicrosoft Meshを公開。同社は、長年取り組んできた人間の視線や手の動きの解析、AIモデルの作成、ホログラムの構築技術などを組み合わせ、ユーザーの動きに連動するアバターを生み出した。そのアバターは仮想現実(VR)の中で他のアバターと交流することができる。

将来的にはホログラム技術を使って、ユーザー自身を投影できるようにすることを目指しているようだ。

まさにSFの世界の実現が間近になってきているような感覚だが、マイクロソフト社は、ホログラフィックデバイスのHoloLensの開発や、ソーシャル仮想現実技術のAltspaceVR社の買収など、長年メタバース環境の実現に向けて、研究開発や商品化に取り組んできた経緯がある。

なお、Teamsの月間アクティブユーザー数は約2億5,000万人だと言われている。

一方、先月末、米大手SNS運営企業のフェイスブック社が「Meta」に改名し、メタバース事業への本格的な参入を発表した。9月末には、今後2年間で5000万ドル(55億円)相当の投資を実施する方針を表明していた。

 

関連:フェイスブックが「Meta」に改名、メタバース事業でNFT領域に参入か

Meta社はユーザー自身がデザインする仮想空間作成プラットフォームや、VRヘッドセットなど一般消費者向けの商品を開発しており、マイクロソフト社と競合する部分も多い。

巨大企業が相次いで大規模なメタバース関連事業を発表したことで、今後ますますこの領域が注目を集めることになりそうだ。

追記:Xboxでメタバース

マイクロソフトのSatya Nadella CEOはブルームバーグTVの取材で、ゲームコンソール『Xbox』におけるゲーム型メタバースの開発にも注力すると明かした。

ゲームにメタバース環境を導入することについては是非ご期待ください!

HaloやMinecraftなどの2D世界のゲームを完全なる3Dにすることが課題だが、我々の計画にはある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します