Enjin(エンジン)、1億ドル規模の「メタバースファンド」設立を発表

分散型メタバースの実現に向けた成長戦略

ブロックチェーンとNFTを用いたゲームエコシステムを構築するEnjin(エンジン)は11月4日、1億ドル(約114億円)規模となる「Efinityメタバースファンド」の設立を発表した。

Enjinはこのファンドを通じ、資金調達ラウンドでの株式投資やEnjinエコシステムで使用できるトークンの購入を促し、Enjin技術を採用する提携先やパートナー企業をサポートしていくという。

これまでにもEnjinは、メタバース開発企業との提携や、MyMetaverseプラットフォームの開発などを通じ、ブロックチェーンゲームやメタバース領域のエコシステム構築に注力してきていた。

関連:Enjin(エンジン)、メタバース開発企業のDvision Network(DVI)と提携

関連:エンジン(Enjin)基盤のバーチャル空間プロジェクト、マインクラフトの土地をNFTに

Enjinの法務・財務責任者であるOscar Franklin Tan(オスカー・フランクリン・タン)氏は今回のファンド設立についてこうコメントした。

Enjin技術を採用するパートナー企業は、NFTゲームを初期から開発するパイオニアたちであり、今まさに大きく羽ばたきつつあります。私たちは、Enjinチームとして長年のコミュニティの知識を活かし、より体系的な方法で分散型メタバースをサポートしていきたいと考えています。

    

また、Enjinの共同創業者兼CTOであるWitek Radomski(ウィテック・ラドムスキー)氏は次のようにコメントしている。

私たちが開発中のEfinityは、メインストリームのクリエイター、ゲーマー、NFTコレクターなどをPolkadotエコシステムに惹きつけるでしょう。

私たちの意志は、Enjinを世界中のメタバースへの相互運用可能な分散型ゲートウェイとすることです。このビジョンを共有する方は誰でもパラチェーンオークションに参加することができます。

    

Polkadotのパラチェーンオークションに入札へ

またEnjinは同4日、NFT特化型チェーン「Efinity」のインターオペラビリティ(相互運用性)機能を実装すべく、Polkadotによるパラチェーンオークションに入札することも発表。

Enjinが次世代ブロックチェーンとして開発中のEfinity稼働に向け、12月2日から開始される第4回パラチェーンオークションに参加するとのことだ。

パラチェーンとは

パラチェーンとはポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。一方、各パラチェーンが接続され、ネットワークにおける中核的な役割を果たす部分は「リレーチェーン」と呼ばれる。

仮想通貨用語集

このオークションでの落札が決まれば、EfinityによるPolkadotへのパラチェーン接続が決定し、早ければ年内にメインネットへのローンチとなる見込みだ。

関連:Enjin(エンジン)の次世代NFTブロックチェーン「Efinity」とは

関連:Polkadot、本格運用開始へ パラチェーンオークションの日程を提案

パラチェーンオークションの仕組み

Polkadotのパラチェーンに接続するには、Polkadot本体の構成要素の一つである「リレーチェーン」上の「スロット(貸し出し枠)」を確保することが必要となる。

スロットは最もDOT(ポルカドット)を獲得したオークション落札者に割り当てられ、一度に最長2年間(96週間)のリース期間を獲得することができる。また落札者がスロットを確保するには、リース期間中、持ち分のDOTをロックし続ける必要がある。

バイナンスは10月15日、今回のPolkadotのパラチェーンオークションに対応することを発表しており、バイナンス取引所ではすでにクラウドローン形式でのオークションが開始されている。

関連:Polkadotのパラチェーンオークション、バイナンスが対応発表

Enjinは、EFI(Efinityトークン)の総供給量の最大10%をクラウドローンの報酬に割り当てており、初期の貢献者は限定NFTをボーナスとして受け取ることができるという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します