仮想通貨ネムとシンボル、ハードフォーク実施へ

ネムとシンボルがハードフォークを計画

暗号資産(仮想通貨)のネム(XEM)シンボル(XYM)は5日、ハードフォークを行うことを発表した。

ネムのハードフォーク「Harlock(ハーロック)」は、ネムがシンボルのサブチェーンになることに対する支持をノードが表明する機会となる。シンボルのハードフォーク「Cyprus(キプロス)」は、プロジェクトの今後の方向性をノードが支持するかを示す機会だという。今回のハードフォークはネムとシンボルの発展に向けたコミュニティ投票の場となるものだ。

ハードフォークとは

双方に互換性がない状態で永久的にブロックチェーンが分岐すること。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

ネムとシンボルについては今週、重要情報が順次発表されていくことが明らかにされていた。その時に、「ネムのオープンソース化とサブチェーン構想」など、ポイントも発表されている。

関連ネム&シンボルが新章突入へ、近日中に複数の発表を予告

今回のハードフォークでは、自身のノードをそれぞれ新しいバージョンにアップデートすることで支持の表明が可能。3分の2以上の支持を得られれば、ハードフォークは成功となる。

ネムとシンボルの今後について、今回も複数の内容が発表されているが、特に注目を集めているのが、米資産管理企業Valkyrie社が資金の管理に加わる点だ。ネムとシンボルのハードフォークが成功した場合、これまで管理されていた資金を全てバーン(焼却)して、新たに発行する資金をValkyrie社とコア開発者がマルチシグで運営するアカウントで管理することになるという。

関連米Valkyrie、2つの仮想通貨業界関連ETFを申請

Valkyrie社は先月、米国で2例目となるビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)をローンチした企業。幹部にはJPモルガン、ゴールドマン・サックス、グッゲンハイム・パートナーズなどの大手金融企業の出身者が名を連ねる。今年6月には、仮想通貨トロン(TRX)の創設者ジャスティン・サン氏やライトコイン(LTC)の創設者チャーリー・リー氏らから、およそ1,000万ドル(約11億円)の資金調達にも成功した。

Valkyrie社は、ネムとシンボルの資金管理に携わるほか、米国で規制対応を行なったり、欧米でカストディアンや取引所の採用を進めたりすることも支援する。

その他の発表

今回の発表では上述した以外に、既出情報ではあるが、コインベースが開発を主導するブロックチェーンの規格「ロゼッタ」をネムに統合する計画も記載した。

また、ネムとシンボルの日本における普及にも言及しており、テックビューロ社のもとで企業に採用されたり、決済手段としての利用、アート領域での活用からコミュニティによるカフェの運営、寄付活動まで日本では行われていたと説明。スイスに設立する予定の財団には、日本語の「不死鳥」を使って「Fuschicho Foundation」という名称が付けられるという。

ハードフォークのタイミングはブロック高で決められており、その結果は日付で言うと、シンボルは11月11日から12日ごろ、ネムが11月18日から19日ごろに判明する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します