米JPモルガン、カンファレンス参加者にNFTを配布

420ETHで販売も

米金融大手JPモルガンは今週開催した仮想通貨関連のイベント「J.P.Morgan Crypto Economy Forum」で、参加者に記念NFTを無料配布したことがわかった。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

イベントは11月30日に開催されたもので、米コインベースのArmstrong CEOやFTXのSam CEOなど、暗号資産(仮想通貨)業界の有識者もスピーカーとして登壇した。

出典:OpenSea

今回配布されたNFTは動画コンテンツのもので、JPモルガンのロゴやイベントの名前が表示される。JPモルガンはポリゴン(MATIC)のブロックチェーンでこれらのNFTを発行した。

所有者の一人はNFTマーケットプレイスOpenSeaに「420ETH(約2億円)」という高額で、配布された1つのNFTを出品している。OpenSeaに出品されているこれらJPモルガンのNFTはまだ取引されていない状態だ。

420ETHや69人の所有者という数字は仮想通貨界隈ではいわゆるミーム的な意味合いを持ち、ジョークとみなされている。

JPモルガンのJamie Dimon CEOは長年、仮想通貨を批判しその価値を否定していたことから、出品者が420という数字で揶揄することが目的だとされている。

Dimon CEO個人は仮想通貨否定派だが、今回のイベントのように、伝統金融がDeFi(分散型金融)やWeb3.0について仮想通貨業界の有識者から話を聞くことはウォール街の変化と捉えられる。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します