米フロリダ州、仮想通貨を推進する予算案発表

「仮想通貨に優しいフロリダ州を実現」へ

米国フロリダ州のロン・デサンティス知事は9日、2022年度の州予算案を発表。その中で「暗号資産(仮想通貨)に優しいフロリダを実現する」という項目を掲げ、仮想通貨やブロックチェーン推進に、70万ドル(約8,000万円)の予算を割り当てている。

予算案は、フロリダ州の企業が州政府に直接、仮想通貨で州費を支払うことができるようにするために、州の金融サービス局に20万ドル(約2,300万円)を配分することを提案している。

その他に、高速道路安全・自動車局内のブロックチェーン試験プログラムを支援するために25万ドル(約2,800万円)を配分。このプログラムの目的は、ブロックチェーン技術を利用して、自動車所有権を管理、証明するシステムを評価したり、設計することだという。

また、保健医療管理局が、ブロックチェーン技術を用いた公的医療保険の認証や不正検知を行う試験プロジェクトを実施するためにも25万ドルを配分するとした。

予算案には「フロリダ州は、商取引の手段として仮想通貨を奨励し、 企業に対する魅力と経済成長をさらに高めていく」と書かれている。

マイアミ市の仮想通貨推進策を歓迎

地元メディアのCBSマイアミによると、デサンティス知事は記者団に対して次のようにコメントした。

フロリダ州の企業が、州の各種料金を仮想通貨で支払えるようにするプログラムを用意するつもりだ。

ご存じのように、南フロリダでは、仮想通貨が非常に大きな注目を集めている。そして多くの人々を南フロリダに引き寄せている。州政府としての見解は、これは歓迎すべきだということだ。州政府も仮想通貨に前向きな姿勢を示していくようにしたい。

知事がここで言及しているのは、フロリダ州マイアミ市の試みのことである。

マイアミ市は、仮想通貨に積極的なフランシス・スアレス市長のもとで、様々な仮想通貨政策を導入しているところだ。

2月には、市職員がビットコイン(BTC)で給与を受け取れるようにする決議案を可決。11月には、市長自ら給与をビットコインで受け取る予定だと宣言した。

市長はこの他にも、「住民が各種手数料や税金をビットコインで払えるようにすること」「マイアミ市がビットコインを財産として保有できるようにすること」を実現させていきたいと語っている。

関連米マイアミ市長、給与の100%をビットコインで受け取りへ

また、コミュニティの独自仮想通貨「マイアミコイン」プロジェクトによって得た収益を、ビットコインの形で市民に配布することも発表した。

この「マイアミコイン」は、市自体が発行している訳ではなく、CityCoins(シティコインズ)という草の根プロジェクトが行っている。マイニング収益の30%がマイアミ市に配られる仕組みであり、同市は開始3カ月間で、約24億円以上得ていた。

関連米マイアミ市、ビットコインを市民に配布へ

CityCoinsとは

地域コインを作成する草の根プロジェクト。仮想通貨スタックス(STX)のプロトコルを用いている。マイナーはSTXをプロトコルに送信して入札し、その額に応じて、地域コインを受け取れる仕組み。自治体が同意すれば、その自治体の所有するウォレットに収益の一部を配布することができる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します