Enjin、NFTプラットフォームと新たに提携

TwitchでもNFT取引が可能に

NFTゲームプラットフォームの開発を手掛けるEnjin(エンジン)は12月13日、ストリーマーなどがTwitchで自作NFTを提供できるようにする世界初のプラグインを開発するPlayNFTと提携したことを発表した。

これまで、クリエイターが自作のNFTをサードパーティのゲームやアプリで簡単に使用できるようにする方法はなかった。PlayNFTは、Enjinが開発するEfinityブロックチェーンを通してそれが可能になるプラットフォームだ。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

仮想通貨用語集

関連:Enjin(エンジン)の次世代NFTブロックチェーン「Efinity」とは

Twitchで気軽にNFTをミント

Twitchのストリーマーは、コミュニティマーケット「Steam」で提供されている「Min-Mins」、「MyMeta Minecraft」、「Shield of Shalwend」などのタイトルで、ゲーム内アイテムとして使用できるNFTをミント(発行)できるようになる。

関連:Twitch共同創設者、ソラナ基盤のゲーム系NFT電子市場をローンチへ

関連:ゲーム配信SteamがNFTゲームを排除、EpicはBCゲーム歓迎を表明

今後はPlayNFTのプラグインを通して、マーケットプレイスにアクセスしてNFTをミンティング(発行)したり、ストリーマーはそれを視聴者に配布することができる。また視聴者はゲームにログインし、NFTを使って新コンテンツを解除することも可能になる。

PlayNFTはまた、ゲーム開発者による資金調達や、ブロックチェーンゲームコミュニティへのサービス提供にも利用できるとのことだ。

ブロックチェーンゲーム制作のEnigma Gamesは、基盤ブロックチェーンにEnjniのEfinityを使用している。PlayNFTプラグインを活用できることについて、Enigma GamesのCEOであるXavier Moore氏は、次のようにコメントしている。

Twitchのストリーミング配信者は、新しい視聴者にリーチし、より深いレベルで視聴者とつながる方法を常に模索しています。

NFTは、社会通貨の一形態として、インターネット上で最も人気のあるコミュニティ・エンゲージメント・ツールになると考えています。

    

また、Enjinのコミュニケーション担当VPであるBryana Kortendick氏はこうコメントしている。

PlayNFTは、世界初のNFTユーティリティー・マーケットプレイスです。これまで、クリエイターが自分のNFTをサードパーティのゲームやアプリで使用できるようにする簡単な方法はありませんでした。

多くのゲームやアプリがPlayNFTに参加することで、クリエイターやストリーマーがこのプラットフォームを利用して視聴者と交流し、NFTをより普及させることを期待しています。

    
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します