ビットコイン第2関門で上昇一服、最高値更新のポリゴン(MATIC)が続伸した背景は

仮想通貨市況

23日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-1.36%の555万円(48,650ドル)とほぼ横ばい。

BTC/USD日足

第2関門となるレジスタンスライン(上値抵抗線)、及び心理的節目の5万ドル水準を上抜けることができるかどうかという局面に差し掛かっている。ブレイクした場合、第3関門(①)の53,000ドル水平線、及び日足雲下に向け弾みも付くか。

一方、高値圏からの急落で含み損を抱えたままの投資家も少なくないとみられ、年末年始の薄商いや翌年の納税分を見越した手仕舞い売りが出やすい時期でもある。米国株式市場を中心に新型コロナウイルスの変異種オミクロン感染拡大について警戒感が燻るなか、BTCが順調に上値を伸ばせるかどうかは不透明だ。

米SEC(証券取引委員会)は、KryptoinおよびValkyrieのビットコインETF(上場投資信託)を非承認としたが、これは予見されていたことで織り込み済みだろう。否決理由として、「相場操縦や詐欺行為、投資家の利益を保護するための要件が不十分」とするもので、先日承認したビットコイン先物ETFと比較して市場の整備を課題として挙げるSECの姿勢はこれまでと一貫している。

関連:米SEC、2つの現物ビットコインETF申請を非承認

オンチェーンデータ分析

Glassnodeのデータによれば、オンチェーン上における週間取引量が、過去3ヶ月の最低水準となる約60億ドルまで減少した。

また、ビットコインの循環供給について、月10万BTCのペースで”流動的”から”非流動的”に移行していることを指摘した。

Glassnodeは20年12月、ビットコインのエンティティ(主体)を累積流出と累積流入の比率に基づいて分析し、その流動性を「高、中、低」のカテゴリに分類したところ、市場供給された循環BTCの内、実に78%に及ぶ1450万BTCが”非流動的”なエンティティによって保有されていることを示唆したことを報告した。

出典:Glassnode

外部コールドウォレットなどで長期保有するエンティティは非流動的であり、仮想通貨取引所で定期的に売買するエンティティはアクティブとみなされる。

21年12月14日時点で、最大供給数2100万BTCの内、90%となる1,889万BTCが採掘された。 資産にアクセス可能な「秘密鍵」紛失などで、すでに300万BTCが事実上消滅しているとの推計もあり、「流動的」なBTCの希少価値はますます高まっている。

非流動的ビットコインの持続的な上昇は潜在的な強気のシグナルを示している。その一方、短期的な流動性低下は投資家の関心の後退を示すほか、ボラティリティ(価格変動性)拡大を招きやすい。

関連:ビットコイン2100万枚の内、9割採掘完了へ

アルトコイン市場の動向

上位アルトの騰落率では、時価総額14位のポリゴン(MATIC)の上昇が目立った。

前日比+6.8%の2.66ドルと最高値を更新。前月比でビットコイン(BTC)などが大幅下落した中、大幅プラスの逆行高をマークした銘柄は、テラ(LUNA)とポリゴン(MATIC)しか存在しない。

出典:Messari

関連:ビットコイン反転攻勢、上位アルトではテラ(LUNA)が続伸

約半年前の過去最高値に向け、中期スパンのアセンディングトライアングル形成→上方ブレイクしており、特にここ数週間はチャート形状的にも買いが入りやすい局面だった。

MATIC/USD(Messari)

イーサリアム(ETH)基盤の最大手分散型取引所であるUniSwapは23日、スケーリングプラットフォームのポリゴン(MATIC)ブロックチェーンに対応。これに伴い、流動性マイニングプログラム(イールドファーミング)について計画されていることも好感された。

関連:Uniswap v3、ポリゴンで正式ローンチ

ガバナンス投票の結果、18日に賛成7260万票、反対50万票で可決したことがわかると、MATIC価格は騰勢を強めている。

昨今では、DeFiやNFT市場の人気化を背景に、イーサリアムチェーンでGas Price(ガス代)が高止まりしていることがボトルネックとなっており、ポリゴン対応によって取引手数料の大幅削減が見込めることで、UniSwapの需要促進が期待される。

The Block Researchによると、UniSwapの規模は、v2およびv3プラットフォームにて年初来6,000億ドルを超える取引量を誇る。

出典:The Block

また、Polygonのコア開発チームは14日、Ethereum Improvement Proposal1559(EIP-1559)のテストネット実装を発表。トークンをバーン(焼却)する方針を示しており、これも追い風となったものとみられる。

他銘柄では、米アイスホッケーチーム「カロライナ・ハリケーンズ」が、仮想通貨決済対象に「芝犬トークン(SHIB)」を加えると発表した。

決済は、2011年設立の仮想通貨決済プロバイダーBitPayと提携したeコマースプラットフォーム「Carolina Pro Shop」で行うことができるものだ。すでにビットコイン、イーサリアム、ドージコインなど13種類の暗号資産と、USDCやDAIなど5つのステーブルコインで決済可能となっている。

関連:国税庁、仮想通貨税制のFAQを改訂

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します