NFT市場「Kollektion」運営、Animoca BrandsやDapper Labsなどから7.4億円調達

Animoca Brandsなどから資金調達

NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Kollektion」を提供するKLKTN Limitedは26日、Animoca Brandsや「NBA Top Shot」を開発したブロックチェーン企業Dapper Labsなどから、計640万ドル(約7.4億円)の資金調達を実施したことを発表した。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

これにより同社の累計調達金額は1050万ドル(約12億円)となる。

KLKTNは、今回の資金調達は、元ソフトバンクグループ副社長の佐護勝紀氏および「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の開発で知られる大手メタバース関連企業Animoca Brands(アニモカ・ブランズ)が主導した。

資金調達の主な目的は、技術面の強化であると明かし、さらなる事業の成長を目指すと説明している。

KLKTNとは

KLKTNは、元ライフネット生命共同創業者の岩瀬大輔氏が、Dapper Labsで人気ブロックチェーンゲーム「Cryptokitties」の開発に携わったファビアーノ・ソリアーニ氏などと共同創業した企業だ。

2021年7月にリリースしたNFTマーケットプレイス「Kollektion(コレクション)」は、NFTの購買を通じて漫画などの作品や作家を応援できるプラットフォーム。ガス代が安く環境への負荷の少ないFlowブロックチェーンが基盤技術として採用されており、クレジットカードでNFTを購入できる点などを特徴とする。

これまでに、『サイコメトラーEIJI』の原作者である安童夕馬氏の最新作(新連載)、ロックミュージシャンMIYAVI氏、韓国人シンガーソングライターのケビン・ウー氏など様々な著名人のNFTアイテムを発売してきた。

今後は、二次流通、オークション機能およびコミュニティイベント活性化を目的とした新機能の実装が予定されている。

Animoca BrandsとDapper Labsの動向

今回、KLKTNに出資したAnimoca BrandsやDapper LabsはNFT関連での提携や資金調達に積極的な企業として知られる。

Animoca Brandsは2021年10月、6,500万ドル(74億円)相当の資金調達を完了したことを発表。出資した企業には世界的ゲーム企業のユービーアイソフトや韓国大手モバイルゲーム会社Com2uSなどが含まれる。

今年1月には、新たな資金調達ラウンドで410億円を調達したことを発表。ラウンドを主導したのは、Liberty City Venturesで、Soros Fund Management、Sequoia China、10T Holdingsなどの大手VCも参加している。調達した資金は投資ファンドやゲームプロダクトの開発に充てる予定とした。

関連:「The Sandbox」の開発企業Animoca Brands、410億円調達

その他、ブロックチェーン・NFT領域への出資も頻繁に行っており、最大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」や、Dapper Labsなど、主要なNFT関連企業へ100件以上投資している。

Dapper Labsは2021年11月、東証1部上場企業の株式会社ミクシィと業務提携に関する基本合意書を締結。同提携では、ミクシィ社が「Flow」ブロックチェーンを活用した新規事業の企画・開発を担当。Dapper Labs社がブロックチェーン技術や運営ノウハウ、開発支援などを提供し、日本国内でのサービス提供を目指す。また、既存サービスでNFTを活用することを検討する上でDapper Labsがノウハウを共有するという。

また、2021年9月には米投資企業Coatue Venturesがラウンドを主導する形で大手VC「a16z」などから280億円を調達、同年12月には15億円を調達している。2018年の創設以来、計690億円を集めたことになる。

関連:NFT関連企業Dapper Labs、15億円調達へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します