国際通貨基金(IMF)、仮想通貨と株式市場の関連性と波及効果に言及

拡大する仮想通貨市場

国際通貨基金(IMF)は11日、暗号資産(仮想通貨)と株式市場の相関関係を分析した報告書を公開した。「仮想通貨とのつながり」(Cryptic Connections)と題した報告書は、価格変動とリターンに関する日次データを用いて、米国および新興国における両市場の関連性と波及効果を分析した。

数年前までは、市場規模の差と伝統金融市場との低い相関性から、仮想通貨がもたらす金融安定性リスクは限定的だと考えられていた。しかし、2017年1月に200億ドル(約2.3兆円)未満だった仮想通貨市場全体の時価総額は、2021年11月には3兆ドル(約344兆円)以上と、指数関数的まで上昇。

特に、パンデミック下の2020年3月から2021年11月には、その時価総額は20倍にまで膨らんだ。

代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)は、世界で取引されている資産のトップ20にランクイン。世界有数の企業の時価総額と肩を並べるまでになった。ステーブルコインの取引量の増加も顕著だ。

報告書は「高い価格変動性、レバレッジを利用した取引の増加、金融機関による直接・間接的なエクスポージャー」に加え、仮想通貨エコシステムへの規制が行き届いていない状況を指摘。仮想通貨の普及は金融安定性へリスクをもたらす可能性があるとした。

国際通貨基金(IMF)

国際通貨基金(IMF)は、国際通貨制度の安定を確保するため、1944年に設立された国際機関。190の加盟国の政策や世界経済及び金融の動向をモニタリングし、政策に関する助言や推奨を行う。 また、国際収支の問題を抱える加盟国に対し、融資を提供する。

▶️仮想通貨用語集

分析の対象と結果

また報告書では、米国と新興国の市場について、主に以下のような点を分析した。(仮想通貨採用が進む上位10カ国のうち、9カ国は新興国:Chainanalysis 2021年調査)

  • 仮想通貨市場と株式市場の相関性と、時間経過による変化
  • 仮想通貨市場と株式市場間の「スピルオーバー効果」の程度と時間経過による変化

報告書によると、2017年、仮想通貨、特にビットコインが劇的な高騰を見せると、S&P 500指数などの主要株価指数との相関性はほとんど見られなくなった。一方、2020年第2四半期以降、世界的な金融緩和の流れとリスクに対する投資家意識の変化を背景に、ビットコインおよび米国の株価が急騰し、状況が変化したという。

特にパンデミック前(2017年1月~2019年12月)とパンデミック以降(2020年1月~2021年11月)を比較すると、仮想通貨と株式市場の相関性が高まったことが観察された。具体的には、現在のビットコインの日中価格変動率は2017年に比べ、S&P 500、ナスダック、ラッセル2000指数の変動率との相関性は4倍以上高まったことがわかった。

MSCI新興国市場指数も、パンデミックの前後で同様のパターンを示しているとのことだ。

IMFは、「最も取引高の多いビットコインとテザー(USDT)は、世界の株式価格の変動幅の約12~16%、世界の株式リターンの変動幅の約7~11%に寄与している」との分析結果を示した。

また、仮想通貨から株式市場へのスピルオーバー効果は、市場変動が起こった際に増加する傾向にあるという。また、最近では株式市場から仮想通貨への逆方向のスピルオーバー(思いもよらぬところに経済効果をもたらす)効果が、増加していることが示された。

報告書は相互関連性を高める主な要因として、次のような点を挙げている。

  • 株式市場や店頭市場における仮想通貨関連プラットフォームや投資商品の受け入れ拡大
  • 個人投資家と機関投資家によるビットコイン投資の拡大=多くの投資家が両市場にポジションを持っている

関連:米株指数下落でビットコイン連れ安、相関係数は過去最高水準に

主要な資産クラスとして

以上のような分析結果を受け、IMFは「仮想通貨はもはや非主要資産クラスとは見なされない」と指摘し、その価格変動性の高さが金融安定性にリスクをもたらす可能性があると主張した。

そのため、仮想通貨に対する従来の「軽度な」規制のアプローチを見直す必要があること、リスクに対応するため、仮想通貨エコシステムへの監視を強化する必要があると強調した。

関連:IMF(国際通貨基金)、仮想通貨の規制強化を促す

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します