OpenSeaの無料発行機能でミントされたNFTの8割以上が不正か

無料ミント機能の大半が不正

世界最大のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスを提供するOpenSeaにおいて、無料ミント機能を使って新規発行・生成されたNFT(非代替性トークン)の内、80%以上が不正なもの(著作権違反などの盗作、スパム、偽物)であることが分かった。

OpenSeaでは、NFT作成者が自身の作品を無料で発行できるフリーミント機能を提供しており、より多くのアーティストの市場への参入をサポートしている。また、ネットワークとして、イーサリアム(ETH)だけでなく、より手数料の安いポリゴン(MATIC)に対応していて、そのユーザーフレンドリーな仕組みから世界中の多くの人に利用されてきた。

関連:OpenSea、月間出来高が10億ドル突破 NFT市場として初

利便性の高さが評価される一方、不正行為が横行し、著作権違反などの被害も後を立たない。

OpenSeaはこの問題を解決するべく、1月27日にフリーミント機能に制限をかけ、最大で50個のNFTのコレクションを5つ(計250個)までを無料発行可能とする新ルールを導入したが、真っ当なユーザーからも反感を買うこととなり、制限措置の取り消しを余儀なくされた。

OpenSeaは「悪意ある人物を阻止しながらクリエイターをサポートするため、さまざまなソリューションに取り組んでいる。 変更内容の実装前にプレビューするので、フィードバックに協力してほしい」として、アプリケーションの改善に向けた協力を募っている。

昨年のNFTブームに乗じて巨大経済圏に成長したOpenSeaでは、さまざまな問題も露呈している。

関連:OpenSea、バグで計1,100万円相当のNFTをバーンか

競合の台頭

現在のNFTマーケットプレイスの取引高状況は、以下のようになっている。

出典:THE BLOCK

このデータを見ると分かるように、徐々に新興マーケットプレイスが台頭してきていることが分かる。中でも、エアドロップなどのインセンティブ設計による既存ユーザーの誘致がなされているLooksRare(LOOKS)は一部ユーザーの人気を集めた。

関連:新NFTプラットフォームLooksRare、OpenSeaからユーザー獲得狙う

一方、新興マーケット同様に出来高を嵩増しするウォッシュ・トレードなどを問題視する声もある。

関連:新NFT市場LooksRare、トークン分配報酬目的のウォッシュトレードで出来高急増か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します