CoinPostで今最も読まれています

米NY連銀「ステーブルコインが最良の決済手段とは考えにくい」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーブルコインよりも預金トークン化を提案

米ニューヨーク連邦準備銀行の研究者らは7日、ステーブルコインについて論じる記事を発表。ステーブルコインは分散型台帳技術(DLT)により展開できる最良の決済手段とは考えにくいと表明した。代わりに、預金のトークン化を提案している。

研究者らはまず、ビットコイン(BTC)なども含め暗号資産(仮想通貨)を流通させる技術であるDLTについて、既存の取引システムを改善する可能性があるが、同時にスケーラビリティ(拡張性)などの制約も課題だと指摘している。

その上で、「もしDLTプラットフォームが今後も存在するとしたら、その送金メカニズム上で、決済手段として使用できる最良の貨幣は何か」と問いを立てた。そして、その答えがステーブルコインになるとは考えにくいという。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

ステーブルコインが最良ではない理由

研究者らは、ステーブルコインが最良の決済手段とならない理由として、次のような項目を挙げた。

  • 安全なステーブルコインは流動性を制限する
  • 流動性を制限しない種類のステーブルコインはリスクが高い
  • デジタルマネーの効率的な形態はすでに存在している

まず、最初の項目については、最近、政策立案者の一部は、流動性のある資産に100%裏付けされたステーブルコインのみが、安全に運用できると考えている傾向があると指摘。

完全に裏付けを行うことにより、ステーブルコインの信用リスクや流動性リスクを抑制することができる。ただ一方で、そのような規制要件を満たすためには、金融機関は、他の用途にステーブルコインを利用できなくなる。その結果、流動性が制限されてしまう可能性があるという。

さらに、このように流動性を制限しない場合、つまり裏付け資産の不確実性が高まる場合には、ステーブルコインの信頼性が低下し、交換媒体としての機能に課題が生じかねない。

最後の項目として、研究者らは「デジタルマネーの効率的な形態」はすでにあり、それを新たな環境に適応させればよいと提案。次のように述べている。

前世紀の中央銀行の活動によって、銀行と決済システムは十分に機能するようになった。それを利用して、トークン化された預金を発行してはどうだろうか。実用的な詳細については工夫が必要だが、トークン化預金の原理は簡単だ。

銀行の預金者が、自分の預金をDLTプラットフォーム上で流通するデジタル資産(トークン化された預金)に変換するのである。トークン化された預金は、通常の預金と同様に、預金者の商業銀行に対する債権となる。

研究者らは、このように、預金をトークン化することの利点についても列挙した。

まず、金融政策の有効性を維持し、銀行が実体経済へ融資することにも関わりを保てる。また、既存の決済インフラを利用してトークンで物品やサービスの購入を安全に行えること、預金保険に保護されていることなどを挙げている。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧