ソラナ基盤のNFT自動販売機 米ニューヨーク市に設置

NFTの自動販売機、Neonが導入

NFT(非代替性トークン)プラットフォームNeonは、米ニューヨーク市にNFTの自動販売機を設置した。世界でも先駆けとなる事例だ。

購入方法としては、米ドル建てのクレジットカードとデビットカードに対応しており、好きなNFTのボタンを選択すると、そのNFTのコードが入った箱が出てくる仕組みだ。

購入者は、そのコードをスマホ端末などに読み込ませて、NeonのプラットフォームでNFTを入手できる。カード以外には、Apple PayやSamsung Payでも決済可能だ。

この自動販売機は、ニューヨークのウォール街近くに設置された。

Neonの共同創設者兼Jordan Birnholtz氏は、「NFTを非常に簡単に売買する方法を開発できた」として、次のように述べた。

私たちは、自動販売機で購入するという選択肢や、暗号資産(仮想通貨)を使わなくてもNFT取引に参加できるプラットフォームを提供しており、これによって、できるだけ多くの人々をこの分野に巻き込むことができる。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

Neonとは

Neonは、ソラナ(SOL)のブロックチェーン上に構築された、NFTのマーケットプレイス兼ギャラリーだ。米国に拠点を置くチームによって構築されている。

また、Birnholtz氏が言及したように、クレジットカードやデビットカードによる米ドル決済を取り入れており、仮想通貨を用意しなくてもNFTを購入することが可能だ。

Neonは、ソラナのブロックチェーンを使用している理由として、高速な取引、安価な手数料、エネルギー効率を上げて環境負荷を減らすことを挙げている。

Birnholtz氏は、ソラナの利点について「プルーフオブステークを採用しており、手数料がほぼゼロで、理論的には毎秒6万5,000件を処理できる」と説明した。

また、ソラナ財団は、環境から二酸化炭素を削減するプロジェクトに資金を提供しており、そのブロックチェーン上で生じた炭素排出量を相殺している。Birnholtz氏は、この点もソラナを選んだ理由としている。

関連ソラナネットワークで断続的なトランザクション障害発生

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します