有識者が解説する仮想通貨のステーキング|イーサリアム勉強会まとめ

CONNECTV✕Kraken Japan共同で無料勉強会

株式会社CoinPost、株式会社幻冬舎(あたらしい経済)が運営する暗号資産(仮想通貨)YouTube番組CONNECTVは3月上旬、ステーキングに関する無料勉強会を開催。

Payward Asia株式会社/KrakenJapanスポンサーのもと、イーサリアム・エコシステムへの影響や、一般投資家からマイナーの疑問について有識者が詳しく解説しました。

スピーカー

  • 千野 剛司氏(Payward Asia株式会社/KrakenJapan)
    2018年に暗号資産取引所クラーケンを運営するPayward, Inc.に入社。2020年3月より現職。
  • 西村 祥一氏(Ethereum Staking Committee 共同代表理事)
    2018年3月、山瀬明宏、熊田昌彦とスイスのツークにICO支援サービスを提供するICOVOを設立しCTO(最高技術責任者)に就任。
  • 田上 智裕氏(株式会社techtec 代表取締役CEO)
    2020年10月に英企業から日本初となるDeFi関連の資金調達を実施。日本発でDeFiサービスを開発するための環境を整備すべく、2021年2月にJapan DeFi Alliance(DeFi協会の前身組織)を設立。
  • モデレーター:設楽 悠介氏(株式会社幻冬舎 あたらしい経済編集長 #CONNECTV)
    ブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊し編集長を務める。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も数社兼務。
  • Kraken Japan Webinar:主な質問

    ステーキングとは?

    田上智裕氏

    ブロックチェーンを動かすのにコンセンサス・アルゴリズムのみんなで合意形成をする仕組みがあり、最初に出てきたのがPoWです。ビットコインが採用しているものですが、イーサリアムも現状PoWを使っています。ただ電気代、環境問題があり持続性がないということでイーサリアム2.0という大型アップデートを通して、PoSに移行します。 PoSだとPoWにおけるマイニングが必要なくなり、代わりに「ステーキング」というものに切り替える事が出来ます。マイニングだとコンピューターリソースで膨大な計算を行うのですが、「ステーキング」だとそれが必要なくなります。

    代わりに自分の持っているイーサリアムを預けましょうというのが「ステーキング」です。

    ステーキングによって与える価格影響

    千野 剛司氏

    私はステーキングをやったから価格が上がったという見方をしていなく、イーサリアムの上に乗っている色々なプロジェクトがニーズを集め、そこから価格を押し上げた効果が大きかったと思います。

    西村 祥一氏

    イーサリアムの価格上昇とイーサリアムの開発の進捗はそこまで関連していないイメージです。 イーサリアムの開発が遅れたとしても、投資家が失望して価格が下がることはなく、発表があったとしても価格が高騰するわけではないです。
    開発者視点では、価格の関連性については未知だと思います。

    田上 智裕氏

    イーサリアムのステーキングはどんどんバリデーターが増えるに当たって利率が下がっていく仕組みになっています。ステーキングに参加する人が増えるほど売り圧力が減ります。ロンドンハードフォークのほうが価格上昇の要因になったのではないかと思います。

    報酬は確定申告ではどういう風に扱われるのか?

    田上 智裕氏

    日本ではまだ税制は決まっていないが、米国では直近でステーキング報酬で貰ったタイミングでは課税にならないという見解が出ています。他のトークンやフィアットに変えた場合に課税されると、米国の財務省から出ています。

    それに習うのであれば、日本もそうなるのではないかと思います。

    アップデートでガス代はどうなる?

    田上 智裕氏

    L1でガス代下げたり、スケーラビリティを高めたい人は少なく、シャーディングになると純粋に一旦64倍のトランザクション処理できるようになります。サイドチェーンで64個になるので64倍にはなりますが、たかが64倍なので全然裁捌けないです。なぜガス代が高いかと言うと、イーサリアムの処理能力が低いことから早く通して欲しいと言って、ガス代を高く設定することでガス代は上がっていきます。

    基本的にイーサリアムはL1単体でガス代、スケーラビリティーを高める気はなくブロックチェーンでいちばん大事なのは分散性というのがイーサリアムの考えです。L2、セカンドレイヤーでオフチェーンのようになりますが、L1で処理しきらずにL2に処理を任せて、L2でトランザクションを捌いて記録はL1でします。

    ガス代という観点では、L2のほうが重要になってきます。

    視聴者に一言

    千野 剛司氏

    イーサリアムはやはり、我々の社会システムや経済構造が分散の世の中にどんどんシフトしている流れがあると思います。それはまさに牽引しているのがイーサリアムやイーサリアムに対抗しているプロジェクトだと思いますが、そういった世の中を変えていくムーブメントにステーキングという行為を通じて貢献していくということは、まさに分散型の発想だと思います。

    それまでWeb2.0の発想だと企業が全部管理していたのですが、我々みたいなトークンを保有している人間もムーブメントに参加出来るということは、とても意義深いことかなと思っています。

    後はステーキングというものが仮想通貨、暗号資産市場にもたらしたイノベーションという側面があるかと思います。投資家の観点からしてもこれはかなり重要な変化だと思っています。クラーケンとしても日本において、サポートしていきたいと思っています。

    視聴者からの質問