CoinPostで今最も読まれています

有識者が解説する仮想通貨のステーキング|イーサリアム勉強会まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CONNECTV✕Kraken Japan共同で無料勉強会

株式会社CoinPost、株式会社幻冬舎(あたらしい経済)が運営する暗号資産(仮想通貨)YouTube番組CONNECTVは3月上旬、ステーキングに関する無料勉強会を開催。

Payward Asia株式会社/KrakenJapanスポンサーのもと、イーサリアム・エコシステムへの影響や、一般投資家からマイナーの疑問について有識者が詳しく解説しました。

スピーカー

  • 千野 剛司氏(Payward Asia株式会社/KrakenJapan)
    2018年に暗号資産取引所クラーケンを運営するPayward, Inc.に入社。2020年3月より現職。
  • 西村 祥一氏(Ethereum Staking Committee 共同代表理事)
    2018年3月、山瀬明宏、熊田昌彦とスイスのツークにICO支援サービスを提供するICOVOを設立しCTO(最高技術責任者)に就任。
  • 田上 智裕氏(株式会社techtec 代表取締役CEO)
    2020年10月に英企業から日本初となるDeFi関連の資金調達を実施。日本発でDeFiサービスを開発するための環境を整備すべく、2021年2月にJapan DeFi Alliance(DeFi協会の前身組織)を設立。
  • モデレーター:設楽 悠介氏(株式会社幻冬舎 あたらしい経済編集長 #CONNECTV)
    ブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊し編集長を務める。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も数社兼務。
  • Kraken Japan Webinar:主な質問

    ステーキングとは?

    田上智裕氏

    ブロックチェーンを動かすのにコンセンサス・アルゴリズムのみんなで合意形成をする仕組みがあり、最初に出てきたのがPoWです。ビットコインが採用しているものですが、イーサリアムも現状PoWを使っています。ただ電気代、環境問題があり持続性がないということでイーサリアム2.0という大型アップデートを通して、PoSに移行します。 PoSだとPoWにおけるマイニングが必要なくなり、代わりに「ステーキング」というものに切り替える事が出来ます。マイニングだとコンピューターリソースで膨大な計算を行うのですが、「ステーキング」だとそれが必要なくなります。

    代わりに自分の持っているイーサリアムを預けましょうというのが「ステーキング」です。

    ステーキングによって与える価格影響

    千野 剛司氏

    私はステーキングをやったから価格が上がったという見方をしていなく、イーサリアムの上に乗っている色々なプロジェクトがニーズを集め、そこから価格を押し上げた効果が大きかったと思います。

    西村 祥一氏

    イーサリアムの価格上昇とイーサリアムの開発の進捗はそこまで関連していないイメージです。 イーサリアムの開発が遅れたとしても、投資家が失望して価格が下がることはなく、発表があったとしても価格が高騰するわけではないです。
    開発者視点では、価格の関連性については未知だと思います。

    田上 智裕氏

    イーサリアムのステーキングはどんどんバリデーターが増えるに当たって利率が下がっていく仕組みになっています。ステーキングに参加する人が増えるほど売り圧力が減ります。ロンドンハードフォークのほうが価格上昇の要因になったのではないかと思います。

    報酬は確定申告ではどういう風に扱われるのか?

    田上 智裕氏

    日本ではまだ税制は決まっていないが、米国では直近でステーキング報酬で貰ったタイミングでは課税にならないという見解が出ています。他のトークンやフィアットに変えた場合に課税されると、米国の財務省から出ています。

    それに習うのであれば、日本もそうなるのではないかと思います。

    アップデートでガス代はどうなる?

    田上 智裕氏

    L1でガス代下げたり、スケーラビリティを高めたい人は少なく、シャーディングになると純粋に一旦64倍のトランザクション処理できるようになります。サイドチェーンで64個になるので64倍にはなりますが、たかが64倍なので全然裁捌けないです。なぜガス代が高いかと言うと、イーサリアムの処理能力が低いことから早く通して欲しいと言って、ガス代を高く設定することでガス代は上がっていきます。

    基本的にイーサリアムはL1単体でガス代、スケーラビリティーを高める気はなくブロックチェーンでいちばん大事なのは分散性というのがイーサリアムの考えです。L2、セカンドレイヤーでオフチェーンのようになりますが、L1で処理しきらずにL2に処理を任せて、L2でトランザクションを捌いて記録はL1でします。

    ガス代という観点では、L2のほうが重要になってきます。

    視聴者に一言

    千野 剛司氏

    イーサリアムはやはり、我々の社会システムや経済構造が分散の世の中にどんどんシフトしている流れがあると思います。それはまさに牽引しているのがイーサリアムやイーサリアムに対抗しているプロジェクトだと思いますが、そういった世の中を変えていくムーブメントにステーキングという行為を通じて貢献していくということは、まさに分散型の発想だと思います。

    それまでWeb2.0の発想だと企業が全部管理していたのですが、我々みたいなトークンを保有している人間もムーブメントに参加出来るということは、とても意義深いことかなと思っています。

    後はステーキングというものが仮想通貨、暗号資産市場にもたらしたイノベーションという側面があるかと思います。投資家の観点からしてもこれはかなり重要な変化だと思っています。クラーケンとしても日本において、サポートしていきたいと思っています。

    視聴者からの質問

    • 各銘柄でなぜAPR(年換算利回り)が違うのか?
    • インフレ懸念で金利が上がっていく中、ステーキングの報酬は魅力的?
    • イーサリアムキラーと呼ばれるチェーンが出てきている中、イーサリアムはどうなっていくのか?
    • ステーキングが進むに連れ、これまで主流だったPoWはどのように変化していくのか?
    • スラッシュされると32ETHはどうなるのか?
    • 日本でステーキングを取引所で行う障壁とは?なぜ日本の取引所はステーキングを行わないのか?
    • クラーケン・ジャパン代表 千野剛司氏

      ステーキングの仕組みについて動画で説明していただきました。
      もっと詳しく知りたいという方はこちらの動画をご覧ください。

      【完全解説】投資家が貸し出し運用で新たなチャンス「ステーキング」の全貌とは?

      まとめ

      今回のイベントは、Kraken Japanの千野 剛司氏、Ethereum Staking Committee 共同代表理事の西村祥一氏、株式会社techtec 代表取締役CEOの田上智裕氏によるイーサリアムへの理解をを広める有意義なウェビナーでした。 イーサリアム価格上昇に対しての有識者見解、イーサリアムアップデート、シャーディング、ガス代についてお話していただきました。
      有識者、開発者がここまで語る未来はなかなか聞けないものだと感じました。

      CONNECTV

      仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。

      「記事だけでは伝えきれない情報や解説を動画で配信。国内大手の仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ提供できる情報を配信しています。」

      今後も定期的にPeatixを経由してウェビナーや交流会が開かれます。

      詳しい内容はConnectvのTwitter、Youtubeから発信致しますので、フォロー、チャンネル登録よろしくお願い致します。

      【仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーン総合チャンネル】 CoinPostそして、幻冬舎「あたらしい経済」が運営する仮想通貨、ブロックチェーンYoutube教育番組。 ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨に関連の速報ニュース解説、市場分析、インタビュー、アルトコイン解説、初心者向けチュートリアルなど、個人投資家から...
      CONNECTVCONNECTV

      仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル
      『早割』終了まで
      0
      0時間
      0
      0
      さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
      クリックしてコードをコピー
      CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア