テスラ・ブロックなどが協業、太陽光発電使用のビットコインマイニング施設の建設開始

ビットコインマイニングを持続可能に

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)やブロックチェーンのインフラに関する事業を行うBlockstreamは8日、ジャック・ドーシー氏が最高経営責任者(CEO)を務める決済企業ブロック(旧スクエア)社と組み、太陽光発電でビットコインのマイニングを行う施設の建設を開始したことを発表した。

太陽光発電の使用には米電気自動車大手テスラが協力。3社で協業し、100%再生可能エネルギーでビットコインをマイニングする大規模なプロジェクトを行う。マイニング施設の完成は2022年内を目指すという。

マイニングとは

コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用する仮想通貨の取引を検証・承認すること。コンピューターで膨大な計算を行うため、電力消費に伴う地球環境への影響を問題視する声も上がっている。

▶️仮想通貨用語集

関連ジャック・ドーシーCEO、米民主党議員らに仮想通貨講義を提供

Blockstreamとブロック社は昨年6月にパートナーシップを締結。この時に、米国で太陽光発電によるビットコインマイニング施設を建設する計画は明らかになっていた。施設の建設開始の内容は8日付でプレスリリースも公開されているが、Blockstreamの創設者Adam Back氏が、ビットコインの大型カンファレンス「Bitcoin 2022」でも発表している。

関連「太陽光発電によるビットコインマイニング」のモデル事業を 米スクエアとBlockstreamが提携

新たな施設を建設する目的の1つは、ビットコインのマイニングが、有害ガスを排出しない電力インフラの資金源になると証明すること。他にも、エネルギー源を多様化することによってビットコインのネットワークを強化したり、新しいイノベーションを促進したりする狙いもある。

施設の完了後のマイニングはハッシュレートを30PH/s(ペタハッシュ/秒)に設定。比較的小規模との見方はあるが、マイニングしたビットコインの数量など、プロジェクトのパフォーマンスはダッシュボードにしてリアルタイムで一般公開していくとした。透明性を高め、未来のプロジェクトのためのケーススタディ(事例分析)にすると説明している。

ブロック社でビットコインの環境対策に取り組むチームを率いるNeil Jorgensen氏は、今回の発表で以下のようにコメントした。

 

テスラの技術を活用し、Blockstreamと協業することで、ビットコインと再生可能エネルギーの相乗効果を加速させていきたい。

Blockstreamは、エネルギー企業がビットコインのマイニングを事業に取り入れるサポートも行っている。

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します