マネックス22年3月期決算を発表、クリプトアセット事業の成長にNFT関連事業など貢献

過去最高収益を記録

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックを傘下に収めるマネックスグループは27日、2022年3月期の決算を発表した。クリプトアセット事業の営業収益は286億円に上った。

一方、税引き前利益、純利益は増収減益に。前期比では純利益9%減となった。

マネックスグループは「クリプトアセット事業開始以来、主要セグメントは順調に成長」したと報告。日本・米国・クリプトアセット事業セグメントの連結収益は、2019年3月期に記録した472億円から826億円まで伸び、過去3年間の年平均成長率は+21%となった。

出典:マネックスグループ決算資料

中でもクリプトアセット事業はコインチェック買収後、過去最高となる286億円の営業収益を記録。コインチェックの口座数と取引数が伸長したことでトレーディング損益が増加したほか、NFT(非代替性トークン)新規ビジネス等の本格化によってその他収益も増加し、営業収益が前年同期比の+37.5%となった。

ただ、中長期での収益基盤拡大を見据え、認知度向上・新規顧客獲得のための広告宣伝費(TVCMなど)に57億円(前年比+37億円)をかけるなどして、販管費が149億円(+109.1%)まで増加したため、最終的なセグメント利益は139億円に落ち着いた。

出典:マネックスグループ決算資料

コインチェックは、今後の成長戦略として、コインチェックグループ(CCG)の新設を予定。海外で急速に仮想通貨市場が発展していることを背景に、2022年内を目途に米ナスダック株式市場のSPAC上場を目指し、クリプトアセット事業のさらなる成長を狙う。

関連:コインチェック、米NASDAQ株式市場の「De-SPAC」上場を目指すことを発表

成長するクリプトアセット事業

マネックスグループのクリプトアセット事業を担うコインチェックは、口座数を162万人にまで拡大(前年比+35%)。アプリのダウンロードシェアは3年連続国内No.1に輝くなど、国内仮想通貨取引所最大手のリーディングポジションを堅持している。

出典:マネックスグループ決算資料

また、新規NFTビジネスを展開することで、NFT領域でも国内のリーディングポジションを獲得。口座を持つ顧客に対してNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供するほか、日本円決済に対応したNFT取引所「miime(ミーム)」を運営する株式会社メタップスアルファを買収するなど、本格的なNFT事業への参入を見せている。

関連: コインチェック、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供開始

関連: コインチェックがmiime運営メタップスアルファを子会社化、NFT市場のシェア獲得へ本腰

出典:マネックスグループ決算資料

さらに最近では、Web3.0時代の到来を見据えてメタバース事業の展開にも注力している。人気ブロックチェーンゲームの「ザ・サンドボックス(SAND)」「ディセントラランド(MANA)」上に、アーティストやコミュニティが交流できるメタバース都市「Oasis TOKYO」「Oasis KYOTO」を建設し、同社が提供するNFTマーケット等での収益機会の創出を狙っている。

出典:マネックスグループ決算資料

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します