分散型SNSのBluesky、開発中のコードを一部公開 プラットフォーム開発過程の透明性向上を図る

開発過程をよりオープンに

分散型SNSプラットフォームの構築を目指すBlueskyは5日、コードの公開を行った。プロダクトは完成していないものの、オープンな形で開発を進めていく。

Blueskyは2019年にTwitter社が開始したプロジェクト。現在では、Twitterからは独立した形で分散型のオープンソースなSNSアプリの開発を行なっており、21年夏には匿名性に特化したジーキャッシュ(ZEC)のエンジニアだったJay Graber氏をプロジェクトのリーダーとして任命した。

関連:「Bluesky」、Zcash開発者をリーダーに任命

プロジェクト自体は約17億円(1300万ドル)資金調達を完了後、22年2月にPBLLC(公益目的の合同会社)として開発陣が保有する形態に移行しており、Twitter社の子会社ではなくなった。ジャック・ドーシー氏や元Twitterのエンジニアなどが取締役会に着任している。

本日公開されたのはBlueskyのコードで、現在も開発中のスクリプトを公開することで、開発段階の可視化を目指す。同プロジェクトは「認証データ実験(ADX)」の題目で行われており、本格実装の前段階のプロダクトを今後も公開していく。

なお、公開されたサーバーやクライアントは現在も開発途上のものであるため、そのままコードを利用してアプリを独自で作るべきではないとBluesky側は警告。現在も研究開発を続けており、権力バランスの整った分散型SNSアプリの実現に向けて尽力していくとした。

重要度増す「言論の自由」

4月上旬に著名起業家のイーロン・マスク氏がTwitter株の購入を行なってから、SNSなどにおける言論の自由に対する注目度が高まりつつある。

実際、マスク氏がSNS上で「Twitterが言論の自由という原則を厳密に守っているか?」とアンケートした際には、ユーザーの70.4%が「いいえ」と回答していた。

Twitter社が政治的な偏見を持った形で情報の検閲を行なっていることに懐疑的な姿勢を示すマスク氏はこのような経緯もあり、買収に至ったと説明。「ツイッターは言論の自由のために、あらゆる人々を受け入れる広場であるべきだ」と述べている。

関連:イーロン・マスク氏、ツイッター社買収を提案した理由を語る

なお、国境なき記者団(RSF)は今週3日、第20回となる世界報道自由度ランキングを公表。

日本はエクアドル、ケニア、ハイチなどに次ぐ71位にランクイン。昨年の67位から悪化した格好だ。

英国は24位、米国は42位に名を連ね、1位はノルウェーだった。

マスク氏の動向で注目を集めるTwitterとともに、開発が続くBlueskyなどの「オープンで分散化されたコミュニケーションのためのプラットフォーム」が今後より重要となりえるだろう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します