スポンサー就任やNFT展開、「F1マイアミGP」で起こった仮想通貨関連企業の動きまとめ

仮想通貨関連の動きが活発なGP

5月6日から8日にかけて、アメリカ・マイアミでモータースポーツ「F1(フォーミュラワン)」のグランプリレース(GP)が開催された。

同GPは、アメリカ国内で開催されるレースとしては2箇所目。F1は近年Netflixのドキュメンタリー「栄光のグランプリ」などの効果によって、アメリカでの人気を大きく伸ばしており、それがレースの増加に繋がったとみられる。

マイアミGPには多数の暗号資産(仮想通貨)関連企業が参画。NFT(非代替性トークン)の展開など、様々な催しを行った。

関連:アルファロメオF1、仮想通貨企業と提携 メタバース参入へ

本記事では、GP期間やその前後にF1領域で展開された、主な仮想通貨関連の動きを取り上げる。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

OKXがマクラーレンF1の主要パートナーに

イギリスのF1チーム「マクラーレン・レーシング」は、マイアミGP前の3日、大手仮想通貨取引所「OKX(旧OKEx)」とのスポンサー契約を発表した。

同取引所は、プライマリーパートナーに就任。発表によると、ファンに対して「エキサイティングな機会」や製品イノベーションなどを提供するという。また、eスポーツチーム「McLaren Shadow」のプライマリーパートナーとなったことも公表されている。

OKXのロゴは、マクラーレンのF1マシンのリアウイング(車両後方の羽根型のパーツ)や、ドライバーのヘルメットなどに描かれる。

FTX、メルセデスF1のNFTを展開

大手仮想通貨取引所のFTXは、メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム(メルセデスF1)のNFT(非代替性トークン)アートのオークションを実施した。

FTXは、メルセデスF1のスポンサーを務めている。主なNFTアート「Forever Dream – LH44」と、「Sky Rising – GR63」、「The intersection (of dreams and reality)」は、アーティストのMad Dog Jonesが制作を担当。

前者2つは、メルセデスF1に所属するドライバーであるルイス・ハミルトン選手とジョージ・ラッセル選手の車両が描かれたもの。後者は、車両全体にMad Dog Jonesのアートが施された形となっている。

「Forever Dream – LH44」と、「Sky Rising – GR63」にの落札者には、ハミルトン選手やラッセル選手がマイアミGPで実際に乗るF1マシンのリアウイングが特典としてプレゼントされる仕組み。

発表によると、「The intersection (of dreams and reality)」の落札者には、F1マシンのレプリカ車両が贈呈されるという。

記事執筆時点(5月9日)では、オークションは入札を受付中。なおメルセデスF1は、オークションで得られた収益をチャリティ団体Igniteに寄付すると表明している。

関連:メルセデスF1NFT、落札者には本物の「リアウイング」プレゼントへ

レースデータを使ったコラボNFT

仮想通貨企業のCrypto.com(クリプトドットコム)はマイアミGPとコラボする形で、NFTの展開を行った。

NFTは、サーキットに設置したセンサーで取得したデータ(音や運動エネルギー)とF1のレースデータを融合し、リアルタイムで制作されるのが特徴。

レース1周分のデータを基に1つのNFTが完成するため、全57周あるマイアミGPのデータを使って57個のNFTが制作される予定だ。

Crypto.comは、21年からF1のスポンサーに就任。当時から「限定NFTの発行や、ファンとスポーツをつなぐ革新的な手法の提供を行っていく予定」と公言しており、今回のコラボ企画はその一環となる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します