ウィットスタジオ、アニモカと連携してアニメ作品のNFT販売へ

6月にアニメ系NFT販売へ

香港を拠点とするWeb3.0大手のAnimoca Brands(アニモカ・ブランズ)株式会社は17日、株式会社IGポート傘下の株式会社プロダクション・アイジーおよび株式会社ウィットスタジオ(WIT STUDIO)との協業を発表した。2社のライセンスを活用して、人気アニメ3作品のNFT(非代替性)商品を提供していく。

WIT STUDIOは、「進撃の巨人」のアニメ製作で好評を博したアニメーション製作会社。親会社のプロダクションI.Gは、「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」でVR(仮想現実)コンテンツにも参入している。

登場キャラクターや名場面がNFT化されるのは、以下の3作品。NFTなどWeb3.0技術を活用して、世界中のファンに新たなアニメの楽しみ方に挑む格好だ。

  • 「バブル」(上映中のアニメ映画)
  • 「ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン」
  • 「GREAT PRETENDER」

出典:WIT STUDIO プレスリリース

これらのNFTは6月よりキャンペーンを実施する予定で、アニモカの提携企業であるUCOLLEXやMADworldのプラットフォームを活用する。UCOLLEXはクリエイター向けのNFTプラットフォームで、MADworldはNFTマーケットプレイスとなっている。

IGポート社はNFTの販売に加え、NFTを通して「ユーザー同士の新しい楽しみ方、関わり方の構築を目指す」としている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

関連:ブロックチェーンゲームの稼ぎ方「Play to earn(P2E)編」|廃猫

アニモカ・ブランズとは

アニモカ・ブランズは2021年にFinancial Timesのアジア太平洋地域・高成長企業リストにランクインしたWeb3.0系企業。NFTゲームやブロックチェーン、など多数の分野で事業を展開しており、「サンドボックス」など多数の企業への出資も行なっている。

4月にはフランスのレースゲーム開発企業「Eden Games」やアサシン クリード作品などを手がけてきた開発企業Darewiseなどを相次いで買収。また、サッカーメディア企業「OneFootball」と合弁会社を設立していた。

関連:NFTゲーム大手アニモカ、ゲーム企業を買収へ

関連:アニモカブランズ、大手サッカーメディアと合弁会社を設立

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します