米ホワイトハウス、仮想通貨マイニングと環境に関する提言を準備

電力消費や炭素排出削減のための提言

米バイデン政権は、暗号資産(仮想通貨)マイニングのエネルギー消費量と炭素排出量を削減するための政策提言を準備している。8月頃に発表される予定だという。Bloomberg Lawが報道した。

ホワイトハウス科学技術政策室のエネルギー担当主席補佐官コスタ・サマラス氏は次のように説明している。

もし仮想通貨が、金融システムの何らか意味ある一部となるのであれば、それを構築していく上では責任を持ち、炭素排出量を最小限に抑えていくことが重要だ。

デジタル資産について考えるときには、気候やエネルギーのことを考慮する必要がある。

サマラス氏は、「プルーフオブステークに移行した世界、あるいはプルーフオブワークとプルーフオブステークが混在する世界において、適切な政策対応は何かを考える必要がある」とも述べた。

PoS(プルーフオブステーク)とは

保有(ステーク)する仮想通貨の割合に応じて、ブロックを新たに承認・生成する権利が得られるコンセンサスアルゴリズムのこと。仮想通貨の保有期間も考慮する場合がある。取引の承認に高性能なコンピューターが必要で、大量の電力消費を伴うコンセンサスアルゴリズム「Proof of Work(PoW)」の代替手段として生まれた。承認を行うと、報酬として新規発行される仮想通貨を受け取ることができる。

▶️仮想通貨用語集

電力需給への対応状況も調査か

サマラス氏らのチームは、電力需要がピークに達する際に、仮想通貨マイニング施設が一時的に運転を停止することで、地域の電力の供給状況に対応できるという説についても調査する予定だという。サマラス氏は、テキサス州でこうした主張がなされていたとも言及している。

背景として、仮想通貨に先進的な米テキサス州では、ビットコイン(BTC)などのマイニングが、地域の送電網にとっても利益をもたらす可能性があると論じられていた。

仮想通貨マイニングなどを行う企業WhinstoneのChad Harris CEOや、テキサス州ブロックチェーン評議会のLee Bratcher会長は、マイニング施設は、電力が余りがちな農村部に施設を構えることができるため、余剰供給分を消費可能で、その時々の電力需給状況に応じて、運転のオンオフを選択できると唱えていた。

テキサス州では、電力需要が増えるとその価格も上がる仕組みを有しており、電力料金が高騰した際、マイニング企業は、稼働を停止して、より有利な価格条件になるのを待つことができるという。

関連「ビットコインマイニングは、州の電力網にとっても恩恵に」米テキサス州で議論

サマラス氏は、こうした理論を踏まえて、実際の状況を確認したいという意向を示した。「電気料金が安い場所にマイニング業者が進出している」ことは認識しており、「午後の電力需要ピーク時の料金により、仮想通貨マイニングの稼働率が低下するという証拠を見に行きたい」としている。

また、マイニングに伴う騒音や汚染、化石燃料施設の再稼働などの状況についても確認したいと述べた。

テキサス州でのマイニングについては、他にテッド・クルーズ議員などが、天然ガス採掘時に焼却処分されるフレアガスを発電に利用し、それによりマイニングを行うことを提案している。

フレアガスのエネルギーを、AIやディープラーニング、仮想通貨マイニングに利用するソリューションを提供するCrusoe社によれば、フレアガスをデーターセンターに活用する場合、メタンガスを98%、CO2eを63%、一酸化炭素を95%削減できるという。

関連米上院議員が語る「ビットコインマイニングが炭素削減に貢献できる理由」

仮想通貨に関する大統領令

今回伝えられた、仮想通貨マイニングに関するホワイトハウスチームの提言は、バイデン大統領が3月に発した仮想通貨に関する大統領令に基づくものだ。大統領令の中には、分散型台帳技術が短中期的に環境にもたらす影響を分析することも盛り込まれていた。

関連反響広がる仮想通貨関連「米大統領令」、政府関係者や有識者らの見解は?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します