CoinPostで今最も読まれています

米連邦取引委員会が仮想通貨詐欺の実態を発表、15ヶ月間の被害は1,300億円規模に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3年で被害額が60倍に

米連邦取引委員会(FTC)は3日、暗号資産(仮想通貨)に関連した詐欺の報告書を発表。昨年初めから今年3月末までの間に、4万6,000人以上の消費者が約1,300億円(10億ドル)規模の被害を被っていたことがわかった。

報告書によると、FTCへの詐欺報告全体の24%を仮想通貨が占めており、他の決済手段(銀行送金:20%、 電信送金:9%)を上まわった。通貨別に見ると、支払いに使用されたのはビットコインが70%と圧倒的で、次いでテザー(10%)、イーサリアム(9%)だった。

仮想通貨詐欺による被害は急激に増加しており、2018年は約15.7億円(1,200万ドル)だったが、2021年には約889.6億円(6億8,000万ドル)と、3年間で約60倍になった。

詐欺の被害が拡大している理由は、仮想通貨が「詐欺師にとって魅力的な特徴がある」ためだとして、FTCは次のような点を指摘した。

  • 疑わしい取引にフラグを立て、詐欺を未然に防ごうとする中央集権的機関がない
  • 仮想通貨送金は取り消すことができない
  • 多くの人々が仮想通貨の仕組みに慣れていない

連邦取引委員会とは

米国で独占禁止法と消費者保護法の遵守を監視する政府機関。企業による不公正な競争の防止や、消費者に対する詐欺的な行為を取り締まる。日本の公正取引委員会に相当する。

▶️仮想通貨用語集

ソーシャルメディアの影響

FTCは、詐欺にとってソーシャルメディアと仮想通貨は好都合な組み合わせだと主張。ソーシャルメディア上の広告や投稿、メッセージがきっかけとなり、詐欺の被害に遭ったと報告した消費者は、2021年以降では49%を占めているという。(2020年:37%、2019年:18%、2018年:11%)

詐欺被害報告の上位を占めたプラットフォームは以下の通り:

  1. インスタグラム:32%
  2. フェイスブック:26%
  3. WhatsApp:9%
  4. テレグラム:7%

詐欺の種類

ソーシャルメディアに端を発した仮想通貨詐欺の大半は投資詐欺(被害額:約752億円=5億7,500万ドル)で、恋愛詐欺(約242億円=1億8,500万ドル)、なりすまし詐欺(約174億円=1億3,300万ドル)と続く。

投資詐欺の謳い文句は「すぐに、簡単に、大きな利益が得られる」。簡単にお金が儲かるという「偽りの約束」で投資家の仮想通貨の知識・理解度や経験の浅さにつけこむ手口だという。ウェブサイトやアプリで投資をモニターできるというのも、すべて「フェイク」だとFTCは指摘した。

関連:豪州当局、仮想通貨詐欺広告関連でメタ社を調査

恋愛詐欺では、詐欺師は富と洗練されたマナーで被害者を魅了し、仮想通貨投資の助言や手助けという名目で、その多くは詐欺師に仮想通貨を送金させるチュートリアルに誘導したという。恋愛詐欺の被害額の中央値は約130万円(1万ドル)。

関連:米FBI、バレンタイン関連の仮想通貨詐欺に注意喚起

なりすまし詐欺では、詐欺師は企業や政府を騙るという。偽のアマゾンの不正購入警告やマイクロソフトのセキュリティ警告から、詐欺に引き込むケース。また、国境警備隊員になりすまし、麻薬取引捜査の一環として、被害者の口座が凍結されると警告した事例も報告された。

関連:バイナンスのCZ氏、SMSを悪用したフィッシング詐欺に注意喚起

年代別の被害状況

年代別に見ると、021年から2022年3月末までの被害状況は以下の通り。%は詐欺被害総額に占める仮想通貨詐欺被害の割合で、金額は被害の中央値となっている。

  • 18-19歳:12%、1,000ドル
  • 20-29歳:23%、1,600ドル
  • 30-39歳:35%、2,500ドル
  • 40-49歳:33%、3,200ドル
  • 50-59歳:28%、5,000ドル
  • 60-69歳:19%、8,500ドル
  • 70-79歳:10%、1万1,708ドル
  • 80歳以上:2%、8,100ドル

仮想通貨詐欺報告の割合は、20〜49歳の年代では50歳以上年代の3倍以上となる一方で、被害額の中央値は、年齢とともに増加する傾向があり、70代が約153万円(1万1,708ドル)と最も被害額が大きかった。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。
13:35
BTC履歴を捜査活用、大規模詐欺サイト解体
英ロンドン警視庁は「英国史上最大の詐欺作戦」により、なりすまし詐欺サイト「iSpoof 」の解体に成功したと発表した。欧州刑事警察機構をはじめ、10カ国の法執行機関と連携し142人が逮捕された。
13:02
ConsenSys、批判集まるメタマスクのユーザーデータ取得目的を説明
米大手ブロックチェーン開発企業ConsenSysが、同社のプライバシーポリシーについて補足。MetaMask+Infuraのユーザーデータ取得は、規制当局の問い合わせへの対応を目的としたものではないと述べた。
12:49
BTC小幅反落、10000BTCの不審なアクティビティに関心
暗号資産(仮想通貨)市場は米株式市場休場の影響もあり方向感定まらず反落傾向。Mt.Goxハッキング事件に関連する可能性のある休眠状態のウォレット送金では、計10000BTCの不審なアクティビティが検出された。
11:40
DBS、JPモルガンのOnyxネットワークに参加
東南アジア・シンガポール最大手の銀行DBSは、JPモルガンのOnyx Digital Assetsネットワークに参加。ブロックチェーン上でレポ取引を実行したと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧