米マイクロストラテジーCEO「ビットコインの価格変動は想定済み」

ビットコインの保有は継続

米ナスダックに上場するビジネスインテリジェンス企業「マイクロストラテジー」のマイケル・セイラーCEOは14日、同社のビットコイン(BTC)投資戦略についてコメントした。

現在、暗号資産(仮想通貨)市場は相場が低迷し「冬の時代」と呼ばれているが、セイラー氏は「ビットコインの価格変動が大きいことはあらかじめ想定してある」と説明。そして、「逆境の時期が来ても長期保有を継続できるようにバランスシートを構成している」とし、改めてビットコインを保有し続ける意思を示した。

関連ビットコイン暴落止まらず、一時20000ドル台に

バランスシートとは

企業や組織の財政状況を示す貸借対照表のこと。

▶️仮想通貨用語集

マイクロストラテジーは現在、合計で129,218BTC(3,800億円相当)を所有。平均取得単価は約415万円(30,700ドル)とされている。米国のテスラやブロック社なども企業としてビットコインを保有しているが、上場企業として最も多い数量を保有しているマイクロストラテジーが売却に動くかなど、同社に対する関心は高い。

企業のバランスシートにビットコインを持つ上場企業は、株価にも影響する。マイクロストラテジーの株価は現在、約2.1万円(156.87ドル)。今年に入り70%超下落している。

一方で、現在の相場状況でもセイラー氏は冷静そうだ。上述したコメントに加え、その後にはブルームバーグの記事をリツイートし「次世代のDeFi(分散型金融)は、ライトニングネットワークとトークン化したビットコインが基盤になるだろう」との見解を示した。

関連初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

強気姿勢を維持

セイラー氏はこれまでも強気姿勢を貫いている。今年5月には子会社のMacroStrategyがビットコインを担保として借りた約270億円(2.05億ドル)についてコメント。融資の清算価格ラインは約21,000ドル(BTC)で追証が必要とされているが、ビットコイン価格が約48万円(3,562ドル)まで大幅に下落して担保不足に陥った場合もビットコインは売らず、他の資産を担保として追加するとの考えを示した。

関連米マイクロストラテジーCEO、ビットコインを売却しない方針を強調

また同月末にもビットコインは売却しないことを改めて表明。「主要な仮想通貨のファンダメンタルズや、それらよりも優れたものを作ることの難しさを一度理解したのであれば、ビットコインの短期的変動を考えることは、あまり意味がない」などと語った。

そして、「最低でも4年間は保有する予定がないのであれば、投資家というよりも投機家(トレーダー)」との考えを述べ、長期保有を推奨している。

関連米マイクロストラテジーCEO、ビットコイン大幅下落について現在のスタンスを語る

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します