CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン暴落止まらず、一時20000ドル台に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

13日の米株式市場では、ダウが前週末比876ドル(2.8%)安と大幅続落し年初来安値を更新した。

ハイテク株中心のナスダックはさらに売られ、前週末比530ドル(4.6%)安となったほか、東京株式市場でも日経平均株価が前日比540円(2%)安と急落した。

先日のCPI(米消費者物価指数)発表で市場予想を超えるインフレ高止まりが確認されると、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)でのさらなる利上げ加速懸念が強まった。

これを受け、暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比15.7%安の289万円(21,450ドル)と暴落。

BTC/USD週足

200週平均線の22,358ドルを下回り、一時20,816ドルまで下落した。米株式市場を筆頭に金融相場全体がパニック売りの様相を呈しており、足元売られすぎ水準にあることから、BTCはその後22,000ドル台まで急反発している。

時価総額2位の暗号資産であるイーサリアム(ETH)も大幅下落し一時1074ドルを付けた。前週比-40%に達するなど大幅続落した。

ETH/USD週足

関連:イーサリアム関連「stETH」の価格乖離、その背景は

先物市場では、ボラティリティ(価格変動性)の激しさを物語るかのように、ロング・ショートともに大きめのロスカットが確認された。

ロスカット推移

マイクロストラテジー

ここへきて、ビットコイン(BTC)を大量保有する米上場企業であるマイクロストラテジー社の動向にも注目が集まっている。

同社は2020年以降、巨額の債務発行などを通じて取得した約40億ドル(5400億円)を投じ、上場企業最大の約129,218BTCを買い集めた。

出典:Bitcointreasuries.net

しかし、ここ数ヶ月間でビットコイン(BTC)価格は大幅下落しており、平均価格30,700ドルのマイクロストラテジーは現在大きな含み損を抱えているものとみられ、ナスダック米株式市場に上場するマイクロストラテジー株(MSTR)は、昨年初頭の強気相場には一時1315ドルまで高騰したが、現在は152ドルまで下落している。

マイクロストラテジー最高財務責任者であるPhong Le氏は今年初め、決算発表にて「もし今後ビットコインが大きく値下がりして証拠金維持率不足に陥りマージンコール(追証)が発生した場合、担保資産を追加するか、BTCの一部を売却する必要があるかもしれない」と言及していた。

マイクロストラテジのマイケル・セイラーCEOは5月10日、「1BTC=3,562ドルを下回った場合は、他の担保を差し入れる必要がある」との認識を示した上、売却するつもりがない意思を示している。

セルシウス

大手暗号資産(仮想通貨)レンディングプロトコルのセルシウス(Celsius)が、顧客資産の一時出金・送金停止を発表したことも市場のFUD(Fear, Uncertainty and Doubt)を増幅させた。セルシウスは約1,700億円強の顧客資産を運用するとされる。

関連:レンディング大手セルシウス(Celsius)、資金引き出しの一時停止を発表

関連:仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

また、このような状況にある中、最大手取引所のバイナンスがビットコイン(BTC)の引き出しを一時停止したことも、投資家心理を悪化させたとの指摘がある。スタックしたオンチェーントランザクションが未処理状態を引き起こしたことが原因とみられ、現在は解決しBTC出金サービスを再開している。

関連:バイナンス、ビットコイン出金を再開

マイナー情勢

ビットコインの大幅下落は、特に中小マイナー(採掘業者)の存続にも波及しているものとみられる。

Bitdeer(@BitdeerOfficial)は13日、旧型のマイニングマシンの多くが、マイニングの損益分岐点を割り込む水準にあると指摘した。

例えば、2019年に製造されたAntminer S17を稼働させている場合、採掘コストに見合うBTC価格は約25000ドル水準と想定される。今後採算割れが常態化した場合、マイニングファームの稼働停止を余儀なくされることで、ハッシュレート(採掘速度)が落ちてビットコインネットワークの堅牢性に支障をきたす可能性がある。

アルトコイン相場

テラ(LUNA)の崩壊を機に暗号資産市場は疑心暗鬼に陥っており、高利回りを提供してきたDeFi(分散型金融)プラットフォームの信頼性をはじめ、他のステーブルコインの信用問題にも飛び火するなど、広範な影響を及ぼしている。

関連:テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

アルゴリズム型ステーブルコインUSTの仕組みを模倣した「USDD(Decentralized USD)」は、一時1:1の水準から剥がれて0.9807ドルのディペッグが発生。TRON DAO Reserveは、6.5億ドル分のUSDCを準備金に追加したことを発表した。

トロン(TRX)創設者のジャスティン・サン氏は13日、「USDD」の価値を維持するため、トロンDAOリザーブが約2,600億円(20億ドル)を使用したことを発表。事態の沈静化に対応にあたった。

USDDは、ビットコイン(BTC)とトロン(TRX)をはじめ、ステーブルコインのテザー(USDT)、USDコイン(USDC)によって過剰担保されている。

TRON DAO RESERVE

システミックリスクを最小限に抑え、ブロックチェーン業界の金融市場の安定性を確保するための機能である「トロンDAOリザーブ」の公式サイトのデータによれば、14日昼時点での担保比率は250%前後となっている。

TRON DAO RESERVE

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア