米初、インバース型ビットコイン先物ETFが上場へ

ProSharesのETF

米ETF運用会社ProSharesは20日、インバース型のビットコイン先物ETFの申請がSECに承認され、ニューヨーク証券取引所に上場する予定を発表した。米国の初事例になる。

上場は米国時間21日(火曜日)に実施され、ティッカーシンボル「BITI」として取引されることになる。

インバース型のビットコイン先物ETFは-1xのレバレッジで、ビットコインの先物をショートする(空売り)上場投資信託。ProSharesは4月に弱気相場を背景にSECに申請したものだ。

ProSharesのほか、DirexionとAXS Investmentsも同時期に類似したインバース型のビットコイン先物ETFの申請を行っていた。

関連米3社、インバース型ビットコイン先物ETFの申請に再挑戦

また、昨年の10月に、DirexionやAXS Investments、Valkyrie社も申請を試みたが、SEC(証券取引委員会)は当時「レバレッジへのエクスポージャーは望ましくない」という方針を示したため、申請を取り下げた経緯がある。今回の承認は下落トレンドに関係している可能性がある。

なお、SECは依然として現物ビットコイン(BTC)のETFを承認しない姿勢だ。

関連新たなビットコイン先物関連ETF、米SECに申請

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します