CoinPostで今最も読まれています

取引高TOP10のデジタル資産プラットフォーム、MEXCの強み

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

MEXCとは

2018年に弱気市場の真っ只中に設立されたMEXCは、現物、レバレッジ、ETF、先物取引、ステーキングなど複数の商品を提供するワンストップ暗号資産サービスのプラットフォームだ。

昨年10月には、ドバイクリプトエキスポで「アジア最高の暗号資産取引所」と高く評価された。現在でも主要な暗号資産取引所の1つとして世界TOP10にランクインしている。

2019年以降には、世界のデジタル資産取引市場で5%のシェアを獲得する暗号資産取引所にまで発展した。豊富な種類の商品取扱いのほか、資産効果、ユーザー優先の取引環境の提供などの成果を経て、市場での地位を確立している。

今回、MEXCに他取引所との違いや強みを伺った。

ー現在のマーケット環境による取引所の影響をどう見ているか

暗号資産市場は株式市場と同様、金融市場の一部であり、市場の循環法則を尊重すべきです。

ベアマーケット(弱気相場)では、業界の各分野の起業家たちが落ち着いてプロジェクトに取り組めるような環境が整っています。 取引プラットフォームにとっては良いプロジェクトは、ベアマーケットで生まれることが多いので、優秀なプロジェクトを見つけるチャンスが増えるでしょう。

MEXCがリサーチして上場したプロジェクトのほとんどは、ベアマーケットや初期のブルマーケットから生まれたものです。

例えば、クロスチェーンリーダーのPolkadot(DOT)、メタバースリーダーのDecentraland(MANA)、GameFiトラックのGala(GALA)、Axie(AXS)、およびパブリックチェーンのSolana(SOL)、Polygon(MATIC)など、2019から2021年までに誕生したもので、Shib(SHIB)も含まれます。これらのプロジェクトは、MEXCに上場して以降、最大65倍〜106,363倍の上昇率を記録しました。

-昨年の強気相場では、アルトコインの上昇も目立った

MEXC Researchの統計によると、昨年の上昇率上位のトークンのうち90%がMEXCで上場しており、FTMトークンは最大208,135%、RACAトークンは最大90,315%の収益率を達成しています。そのほかの銘柄では、MANA、SOL、SAND、SHIB、MATIC、ONE、GALAトークンの最高収益率はそれぞれ10,000%を超えるなど、大きく値上がりしたアルトコインが目立ちました。

出典:MEXCリサーチ

投資機関であっても、1年に6〜10の大規模プロジェクトを発掘するのは容易ではありません。

-なぜ、このような市場環境になったと見ているか

まず、今のベアマーケットの原因を理解するためには、2020年6月から2021年11月までにブルマーケット(強気相場)がどのように形成されたかを理解することが不可欠です。

最も本質的な理由は、2020年初頭、FRB(米連邦準備制度)のドル流動性拡大という金融緩和政策によってドル安が進み、BTCを中心とする暗号資産が、リスク資産からアセットアロケーション(資産配分)対象へと変化したことです。

直接のきっかけは2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、FRBが米国経済の下支えのため2.3万億ドル規模の巨額融資を実施したことです。

その結果、伝統金融機関をはじめ、暗号資産業界の大手機関や上場企業、さらにはエルサルバドルのような国家ベースの政府機関が、直接または間接的にBTCを保有するために暗号資産業界に駆け込むようになったのです。

この中には、MicroStrategyやTeslaなどの上場企業だけでなく、Grayscale、北米ETFファンド、21Shares AG、Galaxy Digitalなどのファンド機関も含まれています。 そしてGrayscaleのワンウェイクローズドエンド型ビットコインETF商品であるGBTCで裁定取引が可能になり、Three Arrows CapitalやARKといった従来の大手金融機関の参入が加速されました。

当時、Teslaは15億ドルのBTCを購入し、2022年4月までにMicroStrategyのBTC保有量は129,218枚に達し、総コストが39.7億ドルに達しました。これが「欧米の大手企業が作り上げた強気相場」です。 そして、2020年のDeFi、2021年のNFTの相次ぐ勃発は、強気相場の根本的な原因ではなく、強気相場をさらに拡大させたものです。

しかし、FRBがインフレ抑制のために「金融引き締め」を実施し始めると、BTCなどの暗号資産はアセットアロケーションからリスク資産に逆戻りし、機関投資家の資金が逃げ出し始めました。 そのため、BTC価格とS&P500の相関が高まっています。

BTCやETHなどの価格が大幅下落すると、DeFiやCeFiなどのレンディングファンドが大量保有していたポジションの清算を余儀なくされ、暗号資産市場がさらに下落することになりました。

しかし、あまり慌てる必要はありません。ベアマーケットだからこそ、多くの人がバリューチップを安価に手に入れることができるのです。 結局、ブルマーケットの中では、BTCもETHも安くないのでしょう。

ー今後の市場の発展で注目しているポイントは

「ユーザーファースト」の価値観はMEXCのサービス理念であり、業界の各トラックを整え、質の高い暗号資産を深く掘り下げ、より専門的にユーザーにサービスを提供するという原則を貫いています。

MEXCは、ユーザーが取引したいすべての暗号資産を見つけることができる取引所です。コミュニティとカスタマーサービススタッフは、ユーザーの問題をタイムリーに解決し、ユーザーに満足していただくことができます。

また、メインストリームの金融と技術における深い背景により、ユーザーの資産の安全性とプロな取引商品とサービスを提供することが、我々の不変の使命だと考えています。

業界トラックでは、L0のクロスチェーン、L1のパブリックチェーン、アプリケーションのDeFiとメタバース、そして実験的なDAOの全トラックで、ユーザー様が最速かつ低コストでこれらのプロジェクトに参加できるよう、より価値のあるプロジェクトの発見に重点を置いています。

ー規制に準拠した迅速な承認のために、どのような上場プロセスを築いているか

MEXCでは暗号資産の取扱数が最も多く、さまざまな商品をユーザーに提供しています。

現物取引は1400種類以上、またレバレッジETFおよび先物商品は200種類をカバーしています。その他、Ethereum, Polkadot, Solana, Avalanche Protocol, Fantom,などメジャーなアルトコインはもちろん、ジャンル別ではNFT, Metaverse, GameFi, DeFi, Layer2, DAOなどの分野をカバーしています。

今年5月のCoinGeckoのデータによると、MEXCの現物取引は1421種類以上の資産、1967種類の現物取引ペアをカバーしており、インターネット調査によると世界10位にランクインしています。

MEXCでは豊富な取引ペアを用意しており、ユーザーはトレンドのプロジェクトを最初にいち早く取引できるようになります。コミュニティユーザーからは、最初にMEXCで目当ての商品を購入することができるという評判も多くいただきます。

MEXCは1日に3〜5の新しいプロジェクトを立ち上げており、過去にはBEND、GAL、GMTトークンなどの人気かつ価値のあるプロジェクトの取扱いをいち早く開始しています。

-MEXCの戦略と強みは

各取引所が提供するサービス内容を調査すると、その取引所がユーザーファーストかどうかを簡単に判断できます。

ウォレットから取引所にETHを預けるときに間違ったチェーンを使用してしまう、暗号資産を引き出す際にプラットフォームの動作が遅いなど、さまざまな取引所でユーザーごとに異なる取引の問題に直面します。そのため取引所のサービスはユーザーの取引に直接影響を与える可能性が十分あると言っても過言ではありません。

MEXCは24時間のオンラインサービスを提供し、アジア、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカなどの世界中のユーザーにサービスを提供する準備が整っています。顧客サービスは多言語対応で、最速かつより専門性の高いサービスを提供します。

ユーザーは通常、公式のカスタマーサービスチャネルを介してオンラインカスタマーサービスから20〜35秒で回答を得ることができます。その後、問い合わせ内容は関連する技術部門、製品部門、または運用部門に迅速に転送され、当日または数日以内に問題を解決できるようになります。2021年後半のMEXCの問合せ件数は、1対1のサービスで888,874件以上で平均応答時間は47秒。95.8%のユーザーがサービスに満足したと回答いただきました。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人を超えるユーザーを抱えるデジタル資産取引プラットフォームであり、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザーに提供します。チームのコアメンバーは国際的な企業や金融関連会社出身者が多く、ブロックチェーンや金融業界での経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、当社のwebサイトおよびResearchをご覧ください。 また、TwitterTelegramからMEXCの最新情報をご確認いただけます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧