米有名ラッパーのNFT、リリースから約10分で完売

有名ラッパーのNFTコレクション

NFT(非代替性トークン)プラットフォーム「OneOf」は26日、90年代の米国の有名ラッパー、ノトーリアス・B.I.G.(通称、Biggie)のNFTコレクション「Sky’s the Limit: The Notorious B.I.G. NFT Collection」をリリースした。

OneOfは、音楽系のNFTプラットフォームとしてローンチされ、現在はスポーツやライフスタイル系のNFTも取り扱っている。当初はテゾス(XTZ)を基盤ブロックチェーンとしていたが、現在はL2ソリューションのポリゴン(MATIC)にも対応。

5月にはポリゴン上で、米eコマース大手のeBayのNFTをミント(発行)することを公表し注目を集めた。

関連:スティーブ・アオキ氏「NFT収入が音楽収入を上回った」

ノトーリアス・B.I.G.は、90年代前半にデビューし、当時のヒップホップ界で大きな支持を得た人物だ。1997年に銃撃事件で亡くなっているが、現在も根強いファンが存在する。

今回のNFTコレクションは、ノトーリアス・B.I.G.の遺産管理財団と、OneOfが提携する形で展開された。NFTは、ノトーリアス・B.I.G.をモチーフにした(3D)デザインとなっており、購入者はWeb3(分散型ウェブ)コレクティブ「Sky’s The Limit」に加入することが可能。

またミュージシャンの場合、ライセンスを取得し、自身の楽曲にノトーリアス・B.I.G.の楽曲を取り入れることができる。配信プラットフォームでの展開や、ノトーリアス・B.I.Gをクレジットに含めることも許可されている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

記事執筆時点では、NFTコレクションの販売はすでに終了済。OneOfはTwitter上で、発売から10分以内にすべてのNFTが購入された(完売した)ことを報告した。

コレクションのリリースについて、遺産管理財団のマネージャー、Wayne Barrow氏は以下のようにコメントしている。

Biggie(ノトーリアス・B.I.G.)の音楽は、ヒップホップ文化とその世界的な影響において、非常に重要なものだ。私たちのビジネスパートナーであるWillingie IncのElliot Osagie氏は、NFTを発行し、世界的に有名なノトーリアス・B.I.G.のアイコンである悪名高いフリースタイルを共有、ファンと彼を称えるというコンセプトを考案した。

音楽業界のNFT展開

音楽領域では、ブロックチェーンやNFTの普及が進みつつある。

2月には、米国の大規模音楽フェスティバル「コーチェラ」がNFTコレクション「Coachella Collectibles」を発行。同月には、米ミュージシャンのスティーブ・アオキ氏が、展開する自身のNFTからの収益が音楽の印税収入を大きく上回ったことを明かした。

プラットフォーム側でも取り組みも進められており、定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyは5月から、米国ユーザーの一部ユーザーを対象に、アーティストページにNFTコレクションを設置する試みを行っている。

関連:米Spotify、NFTを試験導入 アーティストコレクションを一部で表示

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します