米CFTC、選挙予測サイトを取り締まる

米国ユーザー向けのサービス停止が必要に

米商品先物取引委員会(CFTC)は5日、選挙ベッティングプラットフォーム「PredictIt」を運営するニュージーランドのビクトリア大学ウェリントン校に対して、「ノーアクションレター」の取り下げを行った。

「PredictIt」は、米国の政治(大統領候補に誰が選ばれるか、法案の可決時期はいつになるかど)に関する動きを、「トレーダー」から受ける形でベットできるサービスだ。

ノーアクションレターとは、既存の規則を満たさない可能性のあるものについて、規制当局が問題提起しないとする文書。取り下げに伴い、同大学は23年2月15日までに「PredictIt」の米国ユーザー向けサービスを終了する必要がある。

関連: 米CFTC委員が声明「SECによる仮想通貨の証券認定は、基準が不透明」 AKIRA

ビクトリア大学は、「教育目的で米国内でイベント契約の小規模な非営利のオンライン市場」という形で、ノーアクションレターを得ていた。今回、CFTC内の商品先物取引委員会市場監視部(DMO)が、ビクトリア大学がレターの条件を遵守して市場を運営していないと判断し、取り下げを決定した形だ。

以前にも予測・ベッティング市場がCFTCに取り締まられた事例があった。今年の1月に、DeFi(分散型金融)予測サービスを提供するPolymarketが未登録業者として米国でバイナリーオプションを提供しているとして1.6億円の罰金を科せられた。

関連DeFi予測サービスPolymarket、米国から撤退

米商品先物取引委員会(CFTC)とは

商品取引所に上場する商品や金利、デリバティブ全般など、米国の先物取引市場を監督する政府機関。市場参加者を保護し、市場の健全性を確保するため、不正の防止・摘発を行う。

▶️仮想通貨用語集

権限を拡大させるための動きも

CFTCは証券取引委員会(SEC)と共に、暗号資産(仮想通貨)関連の監督で中心的な役割を担っている組織で、現在は同領域での権限拡大を模索する動きも確認されている。CFTCは仮想通貨に対して、比較的友好的なスタンスで知られている。

関連米SEC、米国の全仮想通貨取引所を調査か=報道

3日には、FTCの仮想通貨監督権を拡大する法案を、米国上院農業委員会の超党派議員らが提出した。法案は、証券にあてはまるものなど特定の仮想通貨を除外した「デジタル商品」というカテゴリーを設け、商品取引所法における「商品」の定義に「デジタル商品」を組み込めるように修正するものだ。

関連: 米議員、CFTCの仮想通貨監督権を拡大する法案提出

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します