米FRBパウエル議長、ステーブルコイン法制の必要性唱える

「ステーブルコインには法律が必要」

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は8日、ステーブルコインについての法律を作成する必要性に言及した。

米国の公共政策シンクタンクCato Instituteが主催した金融政策についてのイベントに出演した際に、暗号資産(仮想通貨)についても発言した形である。

パウエル氏は、ステーブルコインとそれ以外の仮想通貨について分けて考えを述べた。まず資産の後ろ盾がない一般的な仮想通貨は、投機的な性質のもので堅牢な価値の貯蓄手段ではないとの見解を示している。一方でステーブルコインについては、金融システムの中で役割を果たす可能性もあると示唆した。

パウエル氏は、現在「決済用ステーブルコインを適切にカバーするような規制の枠組み」がなく、そのための法律が必要だと述べた。また、次のように続けている。

私たちは適切なイノベーションの邪魔をしたくない。だが、お金と呼ばれるようなものは適切に規制される必要があると考えている。

規制は必要だと思う。もし人々が何かをお金だと思うのであれば、それはお金とみなされるにふさわしい性質を持つ必要がある。お金をただの消費財にしたくはないだろう。

パウエル氏は、ステーブルコインが持つべき性質として、「明確性、透明性、非常に流動性のある資産による完全な裏付け」を挙げた。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

デジタルドルについて

パウエル氏は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についても話した。「行政府と議会の両方から明確な支持」があるまではデジタルドルの発行を進めるつもりはないとしている。特定の認可法の形で支持を得ることが理想だとも説明した。

特に、CBDCによるすべての取引をリアルタイムで政府が監視できるようになってしまっては問題であり、プライバシー保護が必要だとしている。

パウエル氏は1月、ステーブルコインとCBDCは共存可能だと発言していた。重要なのはすべての貨幣形態が適切に規制されることだとしており「将来的には、CBDC、ステーブルコイン、その他の貨幣形態が、様々に異なった需要やユーザーの好みに対応する可能性がある」としている。

関連米FRBパウエル議長「ステーブルコインはデジタルドルと共存可能」

ステーブルコイン法案は膠着中

米国では、超党派ステーブルコインの法案が起草されているところだが、現在のところ膠着状態にある。

法案は、銀行以外の企業が規制当局の監督の下でステーブルコインを発行できるようにする道筋を示すものだ。非金融企業によるステーブルコインの発行を禁止する要件も検討されているという。

この法案の交渉には、ジャネット・イエレン財務長官をはじめ、米財務省の高官も参加しており、政府側と民主党は、投資家保護をさらに強化しようと働きかけている模様だ。共和党は、法案の範囲を広げる提案に反発しているとされる。

米議会は秋に再開するが、11月の中間選挙前に法案を通過させるためには時間か限られることになる。

関連米超党派ステーブルコイン法案の交渉進まず

関連ジャクソンホール会議とは パウエルFRB議長講演の注目ポイントは?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します