FTX、買収のために資金調達を検討か=関係筋

個人投資家向けの買収か

暗号資産(仮想通貨)取引所大手FTXは企業買収と資金調達を検討している可能性が浮上した。CoinDeskは15日に関係筋の内容として報じた。

FTX側の公式見解は明らかではないが、複数の買収候補を検討しており、その中には個人投資家向けの小売取引プラットフォームを運営する企業も含まれている。一方、交渉はあくまで予備的な段階にあり、買収交渉が進まなければFTXが資金を調達する可能性は低くなるという。

FTXのサムCEOとFTX.USのブレット・ハリソン社長はこれまで複数の企業を買収する意欲を示し、5月に3つの株取引関連スタートアップの買収を打診していることが報道され、6月にはカナダの仮想通貨取引所「Bitvo」を買収することを発表。また、財政困難に陥ったBlockFiに4億ドルの融資を提供し、買収する権利に関する契約に合意している。

関連『仮想通貨の下落トレンドとFTXのスタンス』FTX.US社長との独占インタビュー

なお、サム氏は個人で仮想通貨や株などの取引サービスを提供するロビンフッド・マーケッツ(ロビンフッド)の株式を7.6%保有している。

関連仮想通貨取引所FTXのサムCEO、ロビンフッドの株を7.6%取得

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します