CoinPostで今最も読まれています

世界最高のP2P取引率を誇るアフリカ、金融包摂で仮想通貨利用が普及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

個人のP2P取引が活発

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスは29日、サブサハラ・アフリカ地域で暗号資産(仮想通貨)の個人利用に関するレポートを発表した。

サブサハラ・アフリカとは、サハラ砂漠よりも南のアフリカ諸国を指す。草の根レベルで仮想通貨利用率が活発化していると結論付けた。

チェイナリシスは特に、ナイジェリアやケニアで仮想通貨取引が盛んだと指摘した。両国とも、購買力と人口で加重平均した場合、P2P(ピアツーピア)取引の普及率が高かった。

チェイナリシスによると、サブサハラ・アフリカ地域が2021年7月から2022年6月の間に受け取ったオンチェーン仮想通貨送金額は約15兆円(1,006億ドル)に達し、前年比では16%の増加を記録。

割合で見ると、世界の仮想通貨取引の2%しか占めていないものの、日常的な仮想通貨利用が世界水準を上回るペースで進んでいると考察した。

チェイナリシスによると、サブサハラ・アフリカでは、約145万円(10,000ドル)以下の送金は取引量全体の6.4%を記録。これは世界の他のどの地域よりも高い割合だった。

また、同地域における全ての送金の95%が個人送金だったほか、このうち約14万5,000円(1,000ドル)以下の小口送金は、全体の80%の割合を占め、これも世界で最も高い割合だ。

P2Pとは

専用のサーバーを介せず、接続されたコンピューター同士がコミュニケーションするネットワーク形態のこと。P2Pの技術自体はファイル共有ソフトなどにおいて以前から使用されていたが、仮想通貨・ブロックチェーンの台頭により再度注目されている。

▶️仮想通貨用語集

貯蓄や商取引に利用

チェイナリシスは地元の人々にインタビューした結果、経済的機会の少ない状況を受けて、多くの若者が富を維持・構築する方法として仮想通貨を利用している傾向が伺えたと考察。

ナイジェリアのブロックチェーンコンサルティング企業Convexityの創設者であるAdedeji Owonibi氏は、次のように話した。

サブサハラアフリカには、機関投資家レベルの大口トレーダーはいない。市場を動かしているのは、小口取引だ。

ナイジェリアには高学歴の若者がたくさんいるが、失業率が高く、仕事がない。彼らにとって仮想通貨は救いだ。

仮想通貨は彼らが家族を養い、日々の経済的ニーズを解決する手段になっている。

ナイジェリアの法定通貨ナイラは価格変動が大きく、テザー(USDT)などステーブルコインで貯蓄を維持できると考える仮想通貨ユーザーが存在している形だ。

さらに、商取引でも仮想通貨が使われる例がある。

ナイジェリアでは厳しい資本規制が施行されており、海外送金が困難となっており、Owonibi氏は、海外のサプライヤーに頼る多くの企業が、支払いに仮想通貨を利用するようになったと説明。こうしたUSDTなどを使用した商取引の相手国としては、中国系企業も多いと述べた。

また、人気のP2PプラットフォームPaxfulのRay Youssef CEOはサブサハラ・アフリカ地域では、アフリカ諸国を横断する決済ソリューションがないと指摘する。

Youssef氏は、「アフリカには何千もの決済ネットワークがあるが、互いに連携しているのはそのうちのごく一部」であるために海外送金が高額になる傾向があると説明。ユーザーは、Paxfulなどのプラットフォームを介して仮想通貨を利用して送金することで、送金コストを大幅に下げられる場合があると語った。

また、ナイジェリア政府は2021年に銀行と仮想通貨事業者との取引を禁止した経緯もあるため、これらの要因がP2P取引の増加につながった模様だ。

関連Jelurida Africaがナイジェリアの仮想通貨サービス禁止令にコメント

アフリカ地域の課題

アフリカでブロックチェーン開発を目指す企業Jelurida AfricaのAdedayo Adebajo氏は、コインポストのインタビューで、アフリカ地域の課題として、開発者が不足していることや、金融包摂が必要とされることに触れた。

Adebajo氏は、「アフリカで銀行口座を保有できないことは、そもそも日々の食事を満足に摂れた上で銀行口座に預金する余裕がある人がどれだけ存在するのかということを意味している」と述べていた。

関連「アフリカの金融包摂に貢献し、必要なソリューションを提供する」|Jelurida Africaインタビュー

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア