CoinPostで今最も読まれています

世界最高のP2P取引率を誇るアフリカ、金融包摂で仮想通貨利用が普及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

個人のP2P取引が活発

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスは29日、サブサハラ・アフリカ地域で暗号資産(仮想通貨)の個人利用に関するレポートを発表した。

サブサハラ・アフリカとは、サハラ砂漠よりも南のアフリカ諸国を指す。草の根レベルで仮想通貨利用率が活発化していると結論付けた。

チェイナリシスは特に、ナイジェリアやケニアで仮想通貨取引が盛んだと指摘した。両国とも、購買力と人口で加重平均した場合、P2P(ピアツーピア)取引の普及率が高かった。

チェイナリシスによると、サブサハラ・アフリカ地域が2021年7月から2022年6月の間に受け取ったオンチェーン仮想通貨送金額は約15兆円(1,006億ドル)に達し、前年比では16%の増加を記録。

割合で見ると、世界の仮想通貨取引の2%しか占めていないものの、日常的な仮想通貨利用が世界水準を上回るペースで進んでいると考察した。

チェイナリシスによると、サブサハラ・アフリカでは、約145万円(10,000ドル)以下の送金は取引量全体の6.4%を記録。これは世界の他のどの地域よりも高い割合だった。

また、同地域における全ての送金の95%が個人送金だったほか、このうち約14万5,000円(1,000ドル)以下の小口送金は、全体の80%の割合を占め、これも世界で最も高い割合だ。

P2Pとは

専用のサーバーを介せず、接続されたコンピューター同士がコミュニケーションするネットワーク形態のこと。P2Pの技術自体はファイル共有ソフトなどにおいて以前から使用されていたが、仮想通貨・ブロックチェーンの台頭により再度注目されている。

▶️仮想通貨用語集

貯蓄や商取引に利用

チェイナリシスは地元の人々にインタビューした結果、経済的機会の少ない状況を受けて、多くの若者が富を維持・構築する方法として仮想通貨を利用している傾向が伺えたと考察。

ナイジェリアのブロックチェーンコンサルティング企業Convexityの創設者であるAdedeji Owonibi氏は、次のように話した。

サブサハラアフリカには、機関投資家レベルの大口トレーダーはいない。市場を動かしているのは、小口取引だ。

ナイジェリアには高学歴の若者がたくさんいるが、失業率が高く、仕事がない。彼らにとって仮想通貨は救いだ。

仮想通貨は彼らが家族を養い、日々の経済的ニーズを解決する手段になっている。

ナイジェリアの法定通貨ナイラは価格変動が大きく、テザー(USDT)などステーブルコインで貯蓄を維持できると考える仮想通貨ユーザーが存在している形だ。

さらに、商取引でも仮想通貨が使われる例がある。

ナイジェリアでは厳しい資本規制が施行されており、海外送金が困難となっており、Owonibi氏は、海外のサプライヤーに頼る多くの企業が、支払いに仮想通貨を利用するようになったと説明。こうしたUSDTなどを使用した商取引の相手国としては、中国系企業も多いと述べた。

また、人気のP2PプラットフォームPaxfulのRay Youssef CEOはサブサハラ・アフリカ地域では、アフリカ諸国を横断する決済ソリューションがないと指摘する。

Youssef氏は、「アフリカには何千もの決済ネットワークがあるが、互いに連携しているのはそのうちのごく一部」であるために海外送金が高額になる傾向があると説明。ユーザーは、Paxfulなどのプラットフォームを介して仮想通貨を利用して送金することで、送金コストを大幅に下げられる場合があると語った。

また、ナイジェリア政府は2021年に銀行と仮想通貨事業者との取引を禁止した経緯もあるため、これらの要因がP2P取引の増加につながった模様だ。

関連Jelurida Africaがナイジェリアの仮想通貨サービス禁止令にコメント

アフリカ地域の課題

アフリカでブロックチェーン開発を目指す企業Jelurida AfricaのAdedayo Adebajo氏は、コインポストのインタビューで、アフリカ地域の課題として、開発者が不足していることや、金融包摂が必要とされることに触れた。

Adebajo氏は、「アフリカで銀行口座を保有できないことは、そもそも日々の食事を満足に摂れた上で銀行口座に預金する余裕がある人がどれだけ存在するのかということを意味している」と述べていた。

関連「アフリカの金融包摂に貢献し、必要なソリューションを提供する」|Jelurida Africaインタビュー

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。
13:35
BTC履歴を捜査活用、大規模詐欺サイト解体
英ロンドン警視庁は「英国史上最大の詐欺作戦」により、なりすまし詐欺サイト「iSpoof 」の解体に成功したと発表した。欧州刑事警察機構をはじめ、10カ国の法執行機関と連携し142人が逮捕された。
13:02
ConsenSys、批判集まるメタマスクのユーザーデータ取得目的を説明
米大手ブロックチェーン開発企業ConsenSysが、同社のプライバシーポリシーについて補足。MetaMask+Infuraのユーザーデータ取得は、規制当局の問い合わせへの対応を目的としたものではないと述べた。
12:49
BTC小幅反落、10000BTCの不審なアクティビティに関心
暗号資産(仮想通貨)市場は米株式市場休場の影響もあり方向感定まらず反落傾向。Mt.Goxハッキング事件に関連する可能性のある休眠状態のウォレット送金では、計10000BTCの不審なアクティビティが検出された。
11:40
DBS、JPモルガンのOnyxネットワークに参加
東南アジア・シンガポール最大手の銀行DBSは、JPモルガンのOnyx Digital Assetsネットワークに参加。ブロックチェーン上でレポ取引を実行したと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧