CoinPostで今最も読まれています

アニモカのBCゲーム「Benji Bananas」、ユーザー数が昨月の15倍に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3ゲームのユーザー数実態

香港のWeb3(分散型ウェブ)大手企業アニモカブランズが展開するブロックチェーンゲーム「Benji Bananas」のユーザー数が急増していることが確認された。

この情報は、分散型アプリデータ企業DappRadarが公開するデータから判明したもので、記事執筆時点(22年10月1日)の推定ユーザー数は約42万人。30日前と比較すると約1,400%、プレイヤーが増えている計算だ。

出典: Benji Bananas

「Benji Bananas」は、スマートフォンから遊べるNFT(非代替性トークン)を活用した作品で、Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)エコシステムの採用により、ゲームを楽しみつつ暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができる。

基盤ブロックチェーンはイーサリアム(ETH)ポリゴン(MATIC)で、つるにぶら下がって木々の間を進み、バナナを集めるというのがゲームの流れ。

関連:Web3大手アニモカブランス、メタバース団体OMA3に参画

仮想通貨を稼ぐためには、NFT「Benji Bananas Membership Pass」が必要。当初はエイプコイン(APE)による販売(合計5,000枚)が行われたが、現在は「OpenSea」に出品されているものを、イーサリアム(ETH)建てで購入する必要がある。

「Benji Bananas」のPlay-to-Earnは、期間限定のキャンペーンとして実施され、その期間中にパスを保有した状態で遊ぶと「PRIMATE」を得られる。同トークンは、アニモカブランズ内のエコシステムでSANDやREEVといった他銘柄とスワップできる。流動性プールでの「メインペア」は、エイプコイン(PRIMATE/APE)が設定されている。

仮想通貨取引所HuobiやMEXCにも上場しており、これらのプラットフォーム上でPRIMATEを取引することも可能だ。

なお「Benji Bananas」は2013年にリリースされた後、約10年間通常のスマートフォンゲームとして運営されていたが、アニモカブランズが22年3月にエイプコインを導入することで、Play-to-Earn化したという経緯がある。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

「Benji Bananas」をはじめとした、一部のブロックチェーンゲームは、続く「仮想通貨の冬」でもシェアを伸ばしているが、NFTに対するゲームプレイヤーからの不信感は依然として根強いとする指摘もある。

ゲーマーの不信感

ゲームサイト「Fandom」が22年9月に公開したレポート「Fandom’s 2022 State of Gaming Study」では、15,000人のゲーマーに対して、NFTやメタバース(仮想現実)などについての調査を実施。

関連:NFTゲームでのユーザー活動が21倍増加 DappRadarレポート

その結果、NFTがゲーム作品にとって重要であると捉えていると回答したのはたっだの7%。NFTの進化に興味がある、またはコミュニティに参加するための興味深いインセンティブであると考える人は13%に留まった。

一方「NFT」であるとは説明せず、同トークンの利点のみを提示した場合、反応は変化したとレポートは報告している。ユーザーが興味を持ったとされるメリットは以下の通りだ。

  • 全プレイヤーがアクセスできる独自のアイテムを作成可能(47%)
  • ゲーム内で使用できるユニークなアイテムを獲得できる(37%)
  • 複数のゲーム間を移動できるアイテムを所有できる(32%)

関連:初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

関連Star Atlas、デモ版ゲームがEpic Gamesに登場

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧