CoinPostで今最も読まれています

グレースケール投信GBTCの現物乖離-36.2%に、BTCは2万ドル台で底堅く推移

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

5日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比42ドル(0.1%)安と3営業日ぶりに反落した。

大幅反発後の利益確定売りが先行したものとされるが、明日21時半には米雇用統計を、12日にはFOMC議事録、13日にはCPI(米消費者物価指数)の発表を立て続けに控えることから、様子見基調となりやすそうだ。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.7%高の20,344ドルと続伸。

BTC/USD日足

20,500ドル付近には複数の抵抗帯が重なり(①)、引き続き戻り売り圧力も想定されるが、昨今では米株指数と比較して底堅く推移しながらアセンディングトライアングルの様相を呈しており、ブレイクに成功すれば一段高も見込めるか。

関連:底堅いビットコインと揺れる法定通貨、今後を見通す注目指標とは|bitbankアナリスト寄稿

先月末にかけては、英国の財政悪化懸念と政情不安を背景にGBP/BTCの取引量が10倍以上に急増して過去最高の8億8,100万ドルに達した。オルタナティブ資産としての性質を有するビットコインにとって、欧米を中心とする過度のインフレ(物価高)局面や欧州発の通貨危機も追い風となったとの見方がある。

また、長らく続いてきた米株指数との高い相関関係が一時的に弱まる場面も散見されるなど、変化の兆しが見受けられるのも確かだろう。

関連:ビットコイン下げ渋り反発、米株指数との「相関関係」に変化の兆し

グレースケールGBTC

米大手資産運用会社グレースケールの投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」の現物乖離が、-36.2%と過去最安値を更新した。

Arcane Research

GBTCは、1受益証券当たりのBTC保有比率がビットコイン市場価格に連動する投資成果を目指す。2021年の強気相場では、裁定(アービトラージ)取引需要も相まって機関投資家を中心に需要が急拡大し、プレミアムが拡大した。

現在では一転し、金融市場全体の地合いの大幅悪化やビットコイン先物ETFの承認などの影響を受け、機関投資家によるエクスポージャー需要が激減。マイナスの価格乖離(ディスカウント)が続いている。

GBTCは、償還期限前に払い戻し、及び中途解約出来ないクローズド・エンド型商品であることから本来の価値から乖離することがある。オープン・エンド型商品であれば純資産価格に基づく払い戻しが認められるため、より効率的な価格形成に寄与しやすい。

この点についてArcane Researchは、「米ウォール街の機関投資家が購入機会を見過ごしているか、現時点ではビットコインに対する長期的なエクスポージャーに懐疑的な態度をとっている可能性が高い」と述べた。

今年6月時点で65万BTCを保有するグレースケールは、自社で取り扱うクローズド・エンド型投資信託のGBTCについて、株式と同様に証券取引所を通じて取引可能とするオープン・エンド型「ビットコインETF(上場投資信託)」転換の承認を求めてきたが、今年6月に米SEC(証券取引委員会)から「相場操縦などの懸念」を理由に却下された。

グレースケールはこれを受け、すでに承認された先物ETFの事例と相反する決断を下し続けることは、”規制当局のダブルスタンダード”に該当するとして、SECの提訴に踏み切った。

SECはこれまで、大手資産運用会社フィデリティなどが申請した「現物ビットコインETF」の申請を非承認としてきた一方、ビットコイン先物ETFについては複数承認している。

Sovrynでハッキング

ビットコイン基盤のDeFi(分散型金融)貸付プロトコルである「Sovryn」は4日、脆弱性を悪用されたハッキング被害に遭い100万ドル以上が不正流出したことを発表

Sovrynは、被害に遭った利用者に対し、全額補償する方針を示した。

今回流出したのは44.93RBTCとステーブルコインテザー211,045 USDTを含む一部資金で、AMMスワップ機能を使用して引き出されたものと見られる。

スマート・ビットコイン(RBTC)は、RSKメインネットのネイティブトークンであり、ビットコインに価値を1:1でペッグされたものだ。ビットコインのスケーラビリティ向上とトランザクションコストの削減をもたらすサイドチェーンRootstock(RSK)上で流通し、エコシステム上のトランザクション手数料(Gas代)などで用いられる。

不正なアクティビティを検知した開発者はシステムをメンテナンスモードに切り替え、多層型のセキュリティ対策により、ハッキングされた資金の内すでに半分ほどの回収に成功した。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
暗号資産交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧