CoinPostで今最も読まれています

強気転換のカギ握るステーブルコイン市場、「勢力図」に変化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

USDCの縮小

暗号資産(仮想通貨)市場で流通する、米ドル連動型のステーブルコインの勢力図が変わりつつある。

CoinPost提携メディアThe Blockの集計データに基づくと、ステーブルコイン全体の流通額は22年5月のピーク値26.6兆円(1840億ドル)に対して執筆時点で20.8兆円(1441億ドル)へ縮小(22%減)している。

原因としては、今年5月に発生したアルゴリズム型ステーブルコイン「テラUSD(UST)」崩壊の影響が最も大きい。

約2兆9,000億円ものステーブルコインの解体は市場外にも飛び火して、米規制当局にも注目された。アルゴリズム型ステーブルコインの規制案が持ち上がり、米ニューヨーク連邦準備銀行が関連する論文を発表するなど、規制上のリスクを高めている。

関連:米NY連銀、米ドルステーブルコインの金融リスクを考察

個別のステーブルコインの流通量推移を見ると、米サークル(Circle)社が発行するUSDコイン(USDC)の減少が最も顕著だ。USDCの時価総額は7月のピーク値7.5兆円から執筆時点に6.2兆円へ、約18%低下した。

USDC縮小のきっかけは8月初旬に始まる。米国財務省が仮想通貨ミキシングサービス「トルネードキャッシュ」を制裁対象者リストに指定したことを受けて、サークル社が同サービスに関連するアドレス上のUSDCを凍結した。規制に遵守した米企業が発行する、USDC運用上のリスクが高まった格好だ。

一方、流通量で最大(約10兆円)のステーブルコイン「テザー(USDT)」を発行するTether社は、トルネードキャッシュの関連アドレスを凍結しない方針を示しており、制裁措置の影響を受けていない。

関連:テザー社、トルネードキャッシュ関連アドレスの凍結を行わない方針

さらに、大手仮想通貨取引所バイナンスは9月初旬、ユーザーの流動性と資本効率向上を理由に、USDCを含む複数のステーブルコイン(USDTは対象外)を上場廃止にした。この際、顧客残高を自社ブランド「バイナンスUSD(BUSD)」に変換させた影響で、BUSDの流通量は過去1か月で10%増加、流通量を3兆円台に乗せた。

金利上昇とステーブルコインの需要低下

米国債利回りが、2022年の米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め政策の影響で3.5%以上に上昇したことも、USDC縮小の一端を担う。

DeFi(分散型金融)レンディング最大手「Aave」では、ステーブルコイン全体の需要が低下しており、USDCを供給(ロックアップ)しても年利0.53%しか得られない状況だ。22年5月頃、ステーブルコインの年利はおよそ3.5%前後だったが、現状の水準はハッキングを含むDeFi運用上のリスクに対してリターンが見合わない。

6日にはDeFi大手Makerプロトコルを管理する「MakerDAO」が、ステーブルコインDAIの準備金から725億円相当のUSDCを使って米国債などに投資する計画が始まったばかりだ。

関連:MakerDAO、725億円を米国債等に投資

FRB金融政策の影響で、米国でドルの借入コストが増加し、仮想通貨市場に資金が流れにくくもなっている。

モルガンスタンレー銀行の仮想通貨調査リーダーSheena Shah氏が8月末の投資家向けレポートで指摘した内容によると、ステーブルコインは市場の流動性を高め、仮想通貨ベースのローン(レバレッジ)の増加を促進し、強気のモメンタムを形成する重要な指標となる。

同氏はまた、仮想通貨の冬の時代(ベアマーケット長期化)が緩和するには、機関投資家が仮想通貨エコノミーの上位2つのステーブルコインの償還を停止する必要があるとも述べた。

関連:MakerDAO、725億円を米国債等に投資

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧