スイス金融機関:ビットコインが2300万円ほどに達すれば、お金に代わる決済手段となる可能性を示唆

UBSの見解
スイス最大の銀行UBSは、ビットコインがお金に代わる”真の通貨”となるためには、決済処理能力を大幅向上させた上、約2300万円のBTC価格に到達するなど、全く別の次元で取引されるようになる必要があると言及した。

ビットコインが”真のお金”になるために

スイス最大の銀行UBSは、ビットコイン(BTC)が、現時点で米国の紙幣・小切手・硬貨のようなマネーサプライになるには程遠いと言及。以下のように述べました。

我々の結論では、現状におけるビットコインは、(価格)が不安定すぎる上、グローバル決済や主流アセットクラスの可能手段となるためには、あまりにも制約が多すぎる

以前から、ビットコインの信者たちはBTCがいつか「真」のお金(通貨)となり、ドルなどの法定通貨に取って代わると主張していますが、スイスの大手金融機関UBSの発表した34ページに及ぶ報告では、以下のような記載があります。

現段階ではお金と見做すには程遠く、”価格の保存”を目的としたアセットクラスには当面なり得ない。

現状だと利便性が低いため、決済処理能力が大幅に向上させた上、新しい資産クラスとして「21.3万ドル(約2300万円)」という時価総額に到達するなど、全く別の次元で取引されるようになる必要がある。

同報告で、「有限のサプライと、一定でないデマンドがBTC価格のボラティリティ要因であるのが、通貨としてより広く認められる一つの障害となっている」と記述してあります。

また、本来のBTCネットワークの決済処理速度が、クレジットカードのVISAやMasterCardの足元にも及ばない現状が、デジタル通貨の有用性を制限し続けると見ています。

その上で、先日CoinPostでも報じたように、実店舗での商業利用率も昨年9月から減少傾向にあり、価格変動の要因は「投機デマンド」にあると、UBSは結論付けました。

CoinPostの関連記事

ビットコイン商用利用、昨年末から下落継続|高額商品の買い物に多い傾向に
米国のブルームバーグ紙の分析によると、2017年9月に商用利用のピーク(約4億ドル)が過ぎた後、世界最大の17の仮想通貨マーチャントプロセス業務による仮想通貨商用決済(投資目的ではない利用)が確実に下落傾向にあり、今年5月におよそ6千万ドルまで縮小したという。
Googleトレンドとビットコイン価格の相関「希望」が上昇のトリガーとなる
BTCは金融界の人々が頻りに関心を寄せ、株市場とはまったく光景の違う投資商品となっている。Googleトレンドで、人からの関心が集まった時、BTC相場は良くなる傾向が見受けられ、逆に下落している時に関心が下がる傾向にある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加